[スポンサーリンク]


創薬化学

  1. 中村 浩之 Hiroyuki NAKAMURA

    中村 浩之 (なかむら・ひろゆき)は、日本の化学者である。専門は有機化学。2022年現在、東京工業大学科学技術創成研究院・教授。第27回ケムステVシンポ「有機光化学の最前線」講師。経歴1991年3月 東北大学理学部化学科・卒業…

  2. MEDCHEM NEWS 31-3号「ケムステ代表寄稿記事」

    日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

  3. 伊藤 幸裕 Yukihiro Itoh

    伊藤 幸裕(いとう・ゆきひろ)は、日本の化学者である。大阪大学産業科学研究所・准教授…

  4. ドラッグデザインにおいてのメトキシ基

    メトキシ基 (Methoxy group, -OMe/-OCH3) は最も単純なエー…

  5. 第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」を開催します!

    ※ 本シンポジウムは盛会に終了しました。動画アーカイブを全編公開中です。ぜひ You…

  6. 創薬における中分子

  7. MEDCHEM NEWS 31-2号「2020年度医薬化学部会賞」

  8. Undruggable Target と PROTAC

  9. オートファジー特異的阻害剤としての新規Atg4B阻害剤の開発

  10. 広範な反応性代謝物を検出する蛍光トラッピング剤 〜毒性の黒幕を捕まえろ〜

  11. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!

  12. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

  13. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

  14. 概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

  15. バイオ医薬 基礎から開発まで

  16. その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました
  2. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  3. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis
  4. Communications Chemistry創刊!:ネイチャー・リサーチ提供の新しい化学ジャーナル
  5. チアゾリジンチオン
  6. 元素戦略 Element Strategy
  7. アレーン三兄弟をキラルな軸でつなぐ

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP