[スポンサーリンク]


反応機構

  1. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】

    前回、ChemDraw 上で反応機構を書く際の巻矢印を自由自在に書くツールとして、ベジエ曲線なるものが存在することを紹介しました。今回は、ベジエ曲線の仕組みを解説し、反応機構を美しく、誤解を与えないように書くためのテクニックを伝授します。…

  2. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】

    ChemDraw の使い方シリーズでは、これまでに基本機能の解説に続いて、作図編として、反応スキーム…

  3. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応

    今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

  4. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ

    本シリーズでは、ケムステ内の有機反応データベース (ODOS) に存在する 500 以上の有機人名反…

  5. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

    リンの化学第 2 弾です。前回の記事では、Wittig 反応に代表される「四員環中間体からのシン脱離…

  6. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

  7. 有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

  8. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

  9. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  10. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2

  11. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1

  12. 有機反応を俯瞰する ー付加脱離

  13. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する

  14. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明

  15. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry

  16. 機構解明が次なる一手に繋がった反応開発研究

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-
  2. ふるい”で気体分離…京大チーム
  3. 世界の「イケメン人工分子」① ~ 分子ボロミアンリング ~
  4. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授
  5. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  6. 合成生物学を疾病治療に応用する
  7. 化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

PAGE TOP