[スポンサーリンク]


反応機構

  1. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応

    今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説します。その細かい分析を通じて、なぜエステル合成に酸触媒が必要であるか、加えてエステル化は可逆反応であるかを読み解きます。最後に、アスピリン…

  2. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ

    本シリーズでは、ケムステ内の有機反応データベース (ODOS) に存在する 500 以上の有機人名反…

  3. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

    リンの化学第 2 弾です。前回の記事では、Wittig 反応に代表される「四員環中間体からのシン脱離…

  4. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

    有機化合物中に主に現れる元素は C, H, N, O あるいは S 原子などですが、有機反応の中には…

  5. 有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

    今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

  6. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

  7. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  8. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2

  9. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1

  10. 有機反応を俯瞰する ー付加脱離

  11. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する

  12. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明

  13. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry

  14. 機構解明が次なる一手に繋がった反応開発研究

  15. 同位体効果の解釈にはご注意を!

  16. 掟破り酵素の仕組みを解く

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~
  2. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)
  3. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる
  4. 森田浩介 Kosuke Morita
  5. Heterocyclic Chemistry
  6. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  7. 計算化学:DFT計算って何?Part II

注目情報

最新記事

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

PAGE TOP