[スポンサーリンク]

M

マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

N-フェニルアミドを強塩基で処理して加熱すると分子内環化を起こしたインドールが得られる。

基本文献

 

反応機構

mardelung_indole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide…
  2. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gil…
  3. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidati…
  4. マイヤース・斉藤環化 Myers-Saito Cyclizati…
  5. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synt…
  6. カチオン重合 Cationic Polymerization
  7. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsu…
  8. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Sy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 世界初 ソフトワーム用自発光液 「ケミホタルペイント」が発売
  2. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  3. 化学者たちのエッセイ集【Part1】
  4. 夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨らむ
  5. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  6. 薬物耐性菌を学ぶーChemical Times特集より
  7. 齊藤 尚平 Shohei Saito
  8. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement
  9. 複雑なアルカロイド合成
  10. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP