[スポンサーリンク]

ケムステニュース

小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新

[スポンサーリンク]

 小林製薬は訪日外国人に人気がある医薬品を拡充する。4月に消炎鎮痛剤「アンメルツ」でシリーズ最高級品を発売するほか、液体ばんそうこう「サカムケア」には靴擦れ予防用を追加する。いずれも中国人客が訪日時に買うことが多い「神薬」とも呼ばれており、商品刷新でさらなる売り上げ拡大を目指す。

アンメルツシリーズの新商品「アンメルツNEO」は血行促進成分を3種類配合している。本体の長さを伸ばして背中にも届きやすくした。「サカムケア靴ずれ傷ガード」は、かかとにも塗りやすくなっている(引用:日本経済新聞 2016年1月29日)。

いつも画期的な商品名で、もはや大きな製薬会社よりも有名な小林製薬。実際に「製薬」しているわけではなく、既存の材料を混ぜているだけなのにこれだけ知名度があるのは商品開発の賜物でしょう。見習いたいものです。

ただ、色々気になったので記事にしてみました。まずは「新薬」ってなんだそれ?ってところから。

 

12種類の神薬

昨年10月に中国ウェブサイトで爆買い対象の薬として話題になった薬らしいです。12種類の”神薬”が上げられていて、小林製薬はなんと5種類もランクイン。確かに日本でも有名なものばかりです。

wst1507300003-p1

(出典:産経West)

せっかくなので、来春から新しい製品が投入される小林製薬の”神薬”、「アンメルツヨコヨコ」、「サカムケア」ついて化学的に少し紹介しましょう。

 

ロングセラー商品ーアンメルツ

今年で50周年を迎える消炎鎮痛剤「アンメルツ」。知らない人はいないというぐらいに知名度が高い商品です。歴史は他のウェブサイトにお任せするとして、化学者でも知らない(調べたこと無い)アンメルツの成分についてちょっと覗いて見たいと思います。小林製薬のウェブサイトからアンメルツの一商品「ニューアンメルツヨコヨコA」の成分表を見てみました。下の表になります。

ニューアンメルツヨコヨコAの成分

ニューアンメルツヨコヨコAの成分

 

化学者の皆様、すぐに構造式がでてきますか?サリチル酸やメントール、マレイン酸、ニコチン酸ベンジルエステルあたりは化学を学んでいる方ならならば、かけてほしいものです。では成分の構造式はこちら。

2016-01-30_08-51-50

 

サリチル酸グリコールは、サリチル酸の誘導体で類似品には必ずはいっている鎮痛、消炎剤。メントールは爽快な臭いと清涼感の成分ですね。クロルフェニラミン マレイン酸塩は抗ヒスタミン薬、ニコチン酸ベンジルエステルは吸収促進剤であり、ノナン酸バニリルアミドは血行促進成分といわれています。ノナン酸バニリルアミドは唐辛子辛味成分カプサイシンによく構造が似ていますね。

 

ニューとかゴールドExとか何が違うの?

アンメルツには色々姉妹製品があり、通常のアンメルツヨコヨコに加えて、上述したニューアンメルツヨコヨコA、アンメルツゴールドExなどが発売されています。なんとなく色と名前的にアンメルツヨコヨコ<ニューアンメルツヨコヨコA<アンメルツゴールドExの順番で良さそうな気がしますが、一体何が違うのでしょうか?

成分を覗いてみました。一言でいうと、鎮痛、消炎剤の中身が異なります。アンメルツヨコヨコはサリチル酸メチル、ニューアンメルツヨコヨコAはサリチル酸グリコールです。同じサリチル酸誘導体なので、結局はサリチル酸を放出するため同じように思えますが、おそらく少し効率がよいのでしょう。一方で、アンメルツゴールドExではサリチル酸誘導体ではなく「フェルビナク」という化合物です。サリチル酸誘導体に比べてちょっぴり効果が強いと思ってくれれば良いと思います。そのためか、以前はフェルビナクは医療用医薬品として病院だけで詳報できる薬でした。現在では、薬局でも購入することが可能となっています。

 

2016-01-31_22-54-23

 

ちなみに、「アンメルツヨコヨコ」の”ヨコヨコ”ってボトルの形が塗りやすい横になっているのでヨコヨコだって知っていましたか?さらに、最近アンメルツゴールドExグリグリという商品が出ていて(2012年発売)、なんとこれは塗布部のローラーにステンレス製の鉄球を採用しているとのこと。さすが小林製薬、気になるけどわかると直感的に理解できる恐るべしネーミングセンス。

 

2016-01-30_09-00-53

 

液体の絆創膏ーサカムケア

さて、もう一個の神薬、サカムケアも成分表を見てみました。それが下の表。

2016-01-30_09-02-08

え、これだけ??と思われた方も多いでしょう。また、化学者の皆様ならば「ピロキシリン」ってなに?と思われた方も多いでしょう。筆者はなにかのアルカロイドを想像しましたが、調べてみると非常に簡単、そして構造式はこちら。

Unknown

そう、高校化学でも習うニトロセルロース(セルロース硝酸エステル)なんですね。糖のヒドロキシ基が2箇所硝酸エステルに変わったものがピロキシリンらしいです。化学者なのに知らなかった。勉強になりました。

 

というわけで、化学のウェブサイトだけに成分をのぞいてみましたが、化学者といえども身近に売られているものでも知らないものいっぱいあると思いませんか?知ってどうなるという声も聞こえてきそうですが、構造式をみて理解できるのが化学者の強みです。自分の身近な分子を探してみてはいかがでしょうか。

 

関連商品

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 新世代鎮痛剤の販売継続を 米政府諮問委が勧告
  2. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  3. 神戸製鋼所が特殊合金粉末を開発 金属以外の多様な材料にも抗菌性付…
  4. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加
  5. サントリー:重曹を使った新しい飲料「水分補給炭酸」発売
  6. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  7. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  8. 分子標的薬、手探り続く

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 銀を使ってリンをいれる
  2. howeverの使い方
  3. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduction
  4. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  5. 「Natureダイジェスト」で化学の見識を広めよう!
  6. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  7. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より
  8. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  9. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)
  10. 第113回―「量子コンピューティング・人工知能・実験自動化で材料開発を革新する」Alán Aspuru-Guzik教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP