[スポンサーリンク]


合成化学

  1. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpington生)はイギリスの酵素化学者である。マンチェスター大学教授(写真:マギル大学化学科)。経歴 1979‐1982 Uni…

  2. Heterocyclic Chemistry

    内容Heterocyclic chemistry comprises at least ha…

  3. Side Reactions in Organic Synthesis II

    内容This new textbook is the successor…

  4. 農薬DDTが大好きな蜂

    農薬DDTが大好きな蜂を紹介します。

  5. 雷神にそっくり?ベンゼン環にカミナリ走る

    ベンゼンテトラアニオン誘導体の合成に成功、芳香族化合物の理解が深まる。5本指の手足に、2つの太鼓を持った「雷神分子」が登場!?

  6. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素

  7. イボレノリドAの単離から全合成まで

  8. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  9. ヒバリマイシノンの全合成

  10. アロタケタールの全合成

  11. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!

  12. 合成化学者十訓

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 卓上NMR
  2. 化学合成で「クモの糸」を作り出す
  3. 異分野交流のすゝめ
  4. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理
  5. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  6. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  7. マイクロリアクターによる合成技術【終了】

注目情報

最新記事

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

PAGE TOP