[スポンサーリンク]


合成化学

  1. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpington生)はイギリスの酵素化学者である。マンチェスター大学教授(写真:マギル大学化学科)。経歴 1979‐1982 Uni…

  2. Heterocyclic Chemistry

    内容Heterocyclic chemistry comprises at least ha…

  3. Side Reactions in Organic Synthesis II

    内容This new textbook is the successor…

  4. 農薬DDTが大好きな蜂

    農薬DDTが大好きな蜂を紹介します。

  5. 雷神にそっくり?ベンゼン環にカミナリ走る

    ベンゼンテトラアニオン誘導体の合成に成功、芳香族化合物の理解が深まる。5本指の手足に、2つの太鼓を持った「雷神分子」が登場!?

  6. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素

  7. イボレノリドAの単離から全合成まで

  8. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  9. ヒバリマイシノンの全合成

  10. アロタケタールの全合成

  11. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!

  12. 合成化学者十訓

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功
  2. 有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A
  3. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成
  4. フェン・チャン Feng Zhang
  5. 製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント
  6. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  7. 求電子剤側で不斉を制御したアミノメチル化反応

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

PAGE TOP