[スポンサーリンク]

chemglossary

ケージド化合物 (caged compound)

 

ケージド化合物(caged compound)は、光で脱保護できる保護基で、生理活性分子を保護し、一時的に活性を失わせた分子のこと。紫外線など波長が短くエネルギーが大きな光を顕微鏡下で照射することで、瞬時に元の生理活性分子をのぞみの場所だけで出現させることができます。光活性化かごつき化合物とも。

ケージド化合物は、あらかじめ光で外せるかご(cage)となる化学構造をつけて不活性化した生物活性物質です[1-3]。顕微鏡下等で光脱保護することにより、部位特異な精密観察を可能にします。現在、神経伝達物質等の光活性化かごつき化合物が試薬会社から購入できます[4],[5]。

 

参考文献

[1] “Caged compounds: photorelease technology for control of cellular chemistry and physiology.”?Graham CRED et al. Nature Method 2007 DOI: 10.1038/nmeth1072

[2] “From One-Photon to Two-Photon Probes: Caged Compounds, Actuators, and Photoswitches.”?Bort G et al. Angew. Chem. Int. Ed. 2013 DOI: 10.1002/anie.201204203

[3] “Photoremovable Protecting Groups in Chemistry and Biology: Reaction Mechanisms and Efficacy.” Klan P et al. Chem. Rev. 2013 DOI: 10.1021/cr300177k

[4] フナコシ・ケージド化合物(http://www.funakoshi.co.jp/contents/6676)

[5] ナカライタスク・ケージド化合物(https://www.nacalai.co.jp/products/recommend/tocris_4.html)

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Framewo…
  2. トップリス ツリー Topliss Tree
  3. 分子モーター Molecular Motor
  4. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial m…
  5. 光親和性標識 photoaffinity labeling (P…
  6. 特殊ペプチド Specialty Peptide
  7. 不斉触媒 ふせいしょくばい asymmetric catalys…
  8. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversificat…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 卒論・修論にむけて〜わかりやすく伝わる文章を書こう!〜
  2. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction
  3. 保護基のお話
  4. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版
  5. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】
  6. 二酸化炭素をはきだして♪
  7. 化学反応のクックパッド!? MethodsNow
  8. 相次ぐ海外化学企業の合併
  9. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron
  10. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP