[スポンサーリンク]


問題解決

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ

    全合成(Total Synthesis) は、ときに山登りに例えられるほど過酷な研究領域です。多くは数年という長い時間を要し、幾人もの共同研究者による血の滲む努力と試行錯誤の末に、その合成は達成されます。直面した困難を克服するべくも…

  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をク…

  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦

    「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介…

  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をク…

  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥

    「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介…

  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)

  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤

  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)

  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④

  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)

  11. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)

  12. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②

  13. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)

  14. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!
  2. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  3. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発
  4. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  5. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction
  6. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  7. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム

注目情報

最新記事

毒劇アップデート

毒物及び劇物指定令の一部を改正する政令(平成30年政令第197号。以下「改正政令」という。)及び毒物…

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

PAGE TOP