[スポンサーリンク]


問題解決

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ

    全合成(Total Synthesis) は、ときに山登りに例えられるほど過酷な研究領域です。多くは数年という長い時間を要し、幾人もの共同研究者による血の滲む努力と試行錯誤の末に、その合成は達成されます。直面した困難を克服するべくも…

  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をク…

  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦

    「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介…

  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をク…

  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥

    「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介…

  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)

  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤

  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)

  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④

  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)

  11. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)

  12. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②

  13. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)

  14. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  2. Chem-Station9周年へ
  3. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖
  4. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  5. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  6. English for Presentations at International Conferences
  7. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に

注目情報

最新記事

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

PAGE TOP