[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥

「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化学者がいかにして創造的発想からの解決に至ったか、それを追体験できるようなクイズ形式にしています。

さて第6回は、柴崎正勝金井求らによるGarsubellin Aの全合成(2005)について。望まぬ副反応を抑制する優れた工夫を取り上げたいと思います。

(※過去の問題はこちら:

 以下のアリル化反応においては、太赤字の添加剤がない場合には副反応を生じ、収率が低下してしまう。

どのような副反応を抑制する目的で選択されているかを推測し、合理的説明を与えよ。

next_move_6q.gif

解答はこちら

関連書籍

 

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 多才な補酵素:PLP
  2. 分子構造を 3D で観察しよう (2)
  3. SciFinder Future Leaders 2017: プ…
  4. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現
  5. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  6. ベンゼンの直接アルキル化
  7. NMRの基礎知識【原理編】
  8. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  2. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  3. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―
  4. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  5. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応
  6. 元素手帳 2018
  7. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  8. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  9. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用
  10. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!

かねてよりケムステでは有機合成化学協会とのコラボにより、協会誌の新着紹介に努めてきました。協会側もウ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP