[スポンサーリンク]


有機触媒

  1. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

    2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触媒を用いた芳香環への位置選択的C-Hアミノ化反応を開発した。アレーンカチオンラジカルを活性種とした機構で進行するため、アミン側の適用が広いこ…

  2. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒

    フラストレイティドルイスペア(FLP)を用いた”不活性”カルボニル化合物の直接α-アミノ化反応が開発…

  3. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

    内容有機分子触媒は,取扱いの容易さだけでなく,環境負荷の軽減やレアメタルの枯渇・高騰といった…

  4. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

    概要ホルムアルデヒドとアセト酢酸エチルを用いて合成されるジヒドロピリジン(Diethyl 1,4…

  5. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

    林雄二郎(はやし ゆうじろう、1962年2月1日(群馬生まれ)-)は日本の有機化学者である。東北大学…

  6. 高活性な不斉求核有機触媒の創製

  7. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法

  8. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

  9. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

  10. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst

  11. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  12. (+)-フロンドシンBの超短工程合成

  13. 有機触媒 / Organocatalyst

  14. もっとも単純な触媒「プロリン」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosugi-Stille Cross Coupling
  2. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい
  3. 3Mとはどんな会社?
  4. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  5. ハウアミンAのラージスケール合成
  6. Impact Factorかh-indexか、それとも・・・
  7. ゲラニオール

注目情報

最新記事

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

PAGE TOP