[スポンサーリンク]


有機触媒

  1. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定化効果をもたらす。σ*C-F結合も低エネルギーとなるため隣接電子と相互作用しうる。このため配座におけるゴーシュ効果(gauche effec…

  2. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

    2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

  3. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

    パオロ・メルキオーレ(Paolo Melchiorre、1973年5月29日(Camerino、イタ…

  4. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  5. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

    「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

  6. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  7. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

  8. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

  9. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

  10. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒

  11. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

  12. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

  13. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  14. 高活性な不斉求核有機触媒の創製

  15. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法

  16. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 全合成 total synthesis
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ① 「ほんとスタンド」 の巻
  3. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)
  4. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」
  5. ビール好きならこの論文を読もう!
  6. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  7. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP