[スポンサーリンク]


有機触媒

  1. ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

    2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷移状態を安定化させる生体機構を参考に、ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒を開発した。“Rational Design of an …

  2. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  3. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

    2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

  4. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

    パオロ・メルキオーレ(Paolo Melchiorre、1973年5月29日(Camerino、イタ…

  5. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  6. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

  7. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  8. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

  9. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

  10. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

  11. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒

  12. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

  13. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

  14. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  15. 高活性な不斉求核有機触媒の創製

  16. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveault/Bodroux-Chichibabin Aldehyde Synthesis
  2. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  3. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する
  4. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法
  5. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  6. 白い器を覆っている透明なガラスってなんだ?
  7. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

PAGE TOP