[スポンサーリンク]


有機触媒

  1. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定化効果をもたらす。σ*C-F結合も低エネルギーとなるため隣接電子と相互作用しうる。このため配座におけるゴーシュ効果(gauche effec…

  2. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

    2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

  3. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

    パオロ・メルキオーレ(Paolo Melchiorre、1973年5月29日(Camerino、イタ…

  4. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  5. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

    「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

  6. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  7. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

  8. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

  9. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

  10. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒

  11. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

  12. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

  13. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  14. 高活性な不斉求核有機触媒の創製

  15. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法

  16. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  2. 金属スカベンジャーを試してみた
  3. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~
  4. 研究者/研究力
  5. ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fritsch Isoquinoline Synthesis
  6. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  7. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖

注目情報

最新記事

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

PAGE TOP