[スポンサーリンク]


有機触媒

  1. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

    第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしました。石川さんの所属する寺田研究室では、寺田-秋山リン酸触媒に代表されるBINOL骨格を用いた有機触媒開発で世界の最先端を走る研究室。…

  2. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授

    第53回の海外化学者インタビューは、ベンジャミン・リスト教授です。ドイツのMülheim an de…

  3. ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

    2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

  4. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  5. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

    2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

  6. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  7. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

  8. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

  9. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  10. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

  11. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

  12. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

  13. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒

  14. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

  15. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

  16. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

スポンサー

ピックアップ記事

  1. インドール一覧
  2. 除虫菊に含まれる生理活性成分の生合成酵素を単離
  3. 導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話
  4. パーコウ反応 Perkow Reaction
  5. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  6. 100兆分の1秒の極短パルスレーザー光で「化学結合誕生の瞬間」を捉える
  7. (–)-Batrachotoxinin Aの短工程全合成

注目情報

最新記事

(–)-Daphenezomine AとBの全合成

ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

粒子画像モニタリングシステム EasyViewerをデモしてみた

スラリー中の粒子(結晶)の観察は、晶析研究などではぜひみたいところです。しかし、外に取り出し…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代配線技術編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

三井化学岩国大竹工場の設備が未来技術遺産に登録

三井化学はこのほど、岩国大竹工場(山口県和木町)にあるポリエチレン製造装置が、国立科学博物館により、…

PAGE TOP