[スポンサーリンク]


有機触媒

  1. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

    非天然アミノ酸誘導体により触媒される三分子間での新たなジアステレオ、エナンチオ選択的環化反応が開発された。環状天然物の合成において応用が期待される。プロリンおよびその誘導体を用いた不斉C–C結合形成反応空気や水への安定性、取り扱いの…

  2. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

    2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

  3. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒

    フラストレイティドルイスペア(FLP)を用いた”不活性”カルボニル化合物の直接α-アミノ化反応が開発…

  4. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

    内容有機分子触媒は,取扱いの容易さだけでなく,環境負荷の軽減やレアメタルの枯渇・高騰といった…

  5. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

    概要ホルムアルデヒドとアセト酢酸エチルを用いて合成されるジヒドロピリジン(Diethyl 1,4…

  6. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  7. 高活性な不斉求核有機触媒の創製

  8. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法

  9. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

  10. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

  11. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jørgensen Catalyst

  12. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  13. ベンジャミン・リスト Benjamin List

  14. (+)-フロンドシンBの超短工程合成

  15. 有機触媒 / Organocatalyst

  16. もっとも単純な触媒「プロリン」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  2. AIが作った香水、ブラジルで発売
  3. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  4. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~
  5. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する
  6. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst
  7. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part5】

注目情報

最新記事

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

PAGE TOP