[スポンサーリンク]

H

ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis

 

概要

β-ケトエステル、α-ハロケトン、アンモニアの三成分反応によるピロール合成。アンモニアの代わりに三級アミンを用いればフランが合成できる(Feist-Benaryフラン合成)。

基本文献

  • Hantzch, A. Ber. 1890, 23, 1474.
  • Feist, F. Ber. 1902, 35, 1538.

 

反応機構

hantzsch_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coup…
  2. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidaz…
  3. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthes…
  4. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclizatio…
  5. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie …
  6. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asy…
  7. ジアゾメタン diazomethane
  8. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cyc…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation
  2. 光学活性有機ホウ素化合物のカップリング反応
  3. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  4. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  5. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)
  6. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー
  7. Hybrid Materials 2013に参加してきました!
  8. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授
  9. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!
  10. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP