[スポンサーリンク]

H

ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

β-ケトエステル、α-ハロケトン、アンモニアの三成分反応によるピロール合成。アンモニアの代わりに三級アミンを用いればフランが合成できる(Feist-Benaryフラン合成)。

基本文献

  • Hantzch, A. Ber. 1890, 23, 1474.
  • Feist, F. Ber. 1902, 35, 1538.

 

反応機構

hantzsch_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehy…
  2. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  3. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rear…
  4. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…
  5. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentati…
  6. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  7. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet C…
  8. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synt…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大塚国際美術館
  2. フラーレン:発見から30年
  3. 君には電子のワルツが見えるかな
  4. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”
  5. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!
  6. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  7. 藤嶋 昭 Akira Fujishima
  8. 各ジャーナル誌、続々とリニューアル!
  9. 20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン
  10. Carl Boschの人生 その7

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP