[スポンサーリンク]

H

ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

β-ケトエステル、α-ハロケトン、アンモニアの三成分反応によるピロール合成。アンモニアの代わりに三級アミンを用いればフランが合成できる(Feist-Benaryフラン合成)。

基本文献

  • Hantzch, A. Ber. 1890, 23, 1474.
  • Feist, F. Ber. 1902, 35, 1538.

 

反応機構

hantzsch_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  2. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Iso…
  3. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knor…
  4. ゴールドバーグ アミノ化反応 Goldberg Aminatio…
  5. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  6. ステッター反応 Stetter reaction
  7. ベンザイン Benzyne
  8. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glyco…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. インドール一覧
  2. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1
  3. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  4. MUKAIYAMA AWARD講演会
  5. 研究者の活躍の場は「研究職」だけなのだろうか?
  6. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」
  7. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  8. 炭素を1つスズに置き換えてみたらどうなる?
  9. グロブ開裂 Grob Fragmentation
  10. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP