[スポンサーリンク]

H

ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

β-ケトエステル、α-ハロケトン、アンモニアの三成分反応によるピロール合成。アンモニアの代わりに三級アミンを用いればフランが合成できる(Feist-Benaryフラン合成)。

基本文献

  • Hantzch, A. Ber. 1890, 23, 1474.
  • Feist, F. Ber. 1902, 35, 1538.

 

反応機構

hantzsch_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  2. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…
  3. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  4. カテラニ反応 Catellani Reaction
  5. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  6. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  7. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  8. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~
  2. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授
  3. 試験概要:甲種危険物取扱者
  4. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ③「ポスト・イット アドバンス2」
  6. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理
  7. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  8. き裂を高速で修復する自己治癒材料
  9. Cell Pressが化学のジャーナルを出版
  10. 鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP