[スポンサーリンク]

H

ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis

 

概要

β-ケトエステル、α-ハロケトン、アンモニアの三成分反応によるピロール合成。アンモニアの代わりに三級アミンを用いればフランが合成できる(Feist-Benaryフラン合成)。

基本文献

  • Hantzch, A. Ber. 1890, 23, 1474.
  • Feist, F. Ber. 1902, 35, 1538.

 

反応機構

hantzsch_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  2. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  3. アッペル反応 Appel Reaction
  4. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selectiv…
  5. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Sy…
  6. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction
  7. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole…
  8. ホフマン脱離 Hofmann Elimination

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 不正の告発??
  2. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出
  3. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  4. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  5. 第3のエネルギー伝達手段(MTT)により化学プラントのデザインを革新する
  6. 燃える化学の動画を集めてみました
  7. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)
  8. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry
  9. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  10. サリドマイド、がん治療薬に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP