[スポンサーリンク]


環化

  1. 環サイズを選択できるジアミノ化

    Ir触媒による、二級アミンを用いたアルケニルアミドの分子間/分子内ジアミノ化が報告された。添加剤と溶媒を変更することで、得られるラクタムの環サイズ(γ-もしくはδ-ラクタム)を選択できる。一方のアミンをアルケンに連結させたジアミノ化…

  2. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effect

    概要環化反応の速度を変化させる置換基効果の一種。反応点を結ぶ分子鎖に嵩高いgem-置換基を付け加…

  3. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule

    概要分子内閉環反応の起こりやすさは、閉環部位での軌道相互作用の難易に大きく影響さ…

  4. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization

    概要ハロゲン(もしくはカルコゲニド化合物)とラジカル開始剤から生成する炭素ラ…

  5. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

    概要1,3,5-トリエンに光照射することで環化反応が進行し、6員炭素環・複素環が…

  6. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization of Alkynes

  7. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis

  8. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction

  9. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. タミフルの新規合成法・その3
  2. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chirogenic Phosphine
  3. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成
  4. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation
  5. 昇華の反対は?
  6. シラフルオフェン (silafluofen)
  7. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

PAGE TOP