[スポンサーリンク]


環化

  1. 環サイズを選択できるジアミノ化

    Ir触媒による、二級アミンを用いたアルケニルアミドの分子間/分子内ジアミノ化が報告された。添加剤と溶媒を変更することで、得られるラクタムの環サイズ(γ-もしくはδ-ラクタム)を選択できる。一方のアミンをアルケンに連結させたジアミノ化…

  2. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effect

    概要環化反応の速度を変化させる置換基効果の一種。反応点を結ぶ分子鎖に嵩高いgem-置換基を付け加…

  3. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule

    概要分子内閉環反応の起こりやすさは、閉環部位での軌道相互作用の難易に大きく影響さ…

  4. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization

    概要ハロゲン(もしくはカルコゲニド化合物)とラジカル開始剤から生成する炭素ラ…

  5. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

    概要1,3,5-トリエンに光照射することで環化反応が進行し、6員炭素環・複素環が…

  6. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization of Alkynes

  7. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis

  8. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction

  9. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  2. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  3. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力増強を決定
  4. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  5. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント
  6. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物
  7. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

PAGE TOP