[スポンサーリンク]

F

フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis

 

概要

α-シアノヒドリンとアルデヒドから酸触媒条件下にオキサゾールを得る方法。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupli…
  2. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabot…
  3. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  4. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…
  5. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  6. スワーン酸化 Swern Oxidation
  7. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  8. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2
  2. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  3. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖
  4. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  5. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落
  6. 三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同販促契約を締結
  7. 114番元素生成の追試に成功
  8. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  9. NaHの水素原子の酸化数は?
  10. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP