[スポンサーリンク]

F

フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

α-シアノヒドリンとアルデヒドから酸触媒条件下にオキサゾールを得る方法。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  2. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker…
  3. 植村酸化 Uemura Oxidation
  4. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chi…
  5. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  6. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  7. リッター反応 Ritter Reaction
  8. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました
  2. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  3. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  4. Letters to a Young Chemist
  5. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より
  6. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  7. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  8. 高校生が河川敷で化学実験中に発火事故
  9. 高電気伝導性を有する有機金属ポリイン単分子ワイヤーの開発
  10. 単純なアリルアミンから複雑なアリルアミンをつくる

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP