[スポンサーリンク]

F

フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis

 

概要

α-シアノヒドリンとアルデヒドから酸触媒条件下にオキサゾールを得る方法。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  2. ペイン転位 Payne Rearrangement
  3. パール・クノール チオフェン合成 Paal-Knorr Thio…
  4. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroam…
  5. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  6. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthes…
  7. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts A…
  8. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hyd…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)-5-(Pyrrolidin-2-yl)-1H-tetrazole
  2. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
  3. ペタシス反応 Petasis Reaction
  4. 2016年化学10大ニュース
  5. ピンナ酸の不斉全合成
  6. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリデン]ジメチルアンモニウムテトラフルオロボラート:[(Oxido)phenyl(trifluoromethyl)-lambda4-sulfanylidene]dimethylammonium Tetrafluoroborate
  7. 生命が居住できる星の条件
  8. “かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応
  9. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  10. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP