[スポンサーリンク]

F

フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

α-シアノヒドリンとアルデヒドから酸触媒条件下にオキサゾールを得る方法。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of …
  2. スワーン酸化 Swern Oxidation
  3. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  4. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki G…
  5. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  6. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  7. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demer…
  8. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocie…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate
  2. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl
  3. 【22卒就活イベント(東京・大阪)/修士1年 技術系職種志望者対象】化学企業4社による企業研究セミナー
  4. 超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー
  5. 中学入試における化学を調べてみた 2013
  6. 有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」
  7. 論文の自己剽窃は推奨されるべき?
  8. 化学と権力の不健全なカンケイ
  9. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction
  10. 私がケムステスタッフになったワケ(5)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP