[スポンサーリンク]

D

ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction

[スポンサーリンク]

概要

[4+2]環化付加反応の代表。諸々の共役ジエンと親ジエンからシクロヘキセン骨格が得られる反応である。一般に良好な立体選択的・位置選択的にて進む。

環状化合物、特に6員炭素環の合成戦略ではほぼFirst Choiceとして用いられる。数ある反応の中でも実用性は群を抜いている。

ジエンまたは求ジエンのいずれかもしくは両方が安定な場合には、熱的に逆反応が起きうる。これをretro Diels-Alder反応とよぶ。ヘテロ原子(窒素、酸素など)を環内に含む場合はヘテロDiels-Alder反応と呼ぶ。また光学活性な化合物を得る手法である不斉Diels-Alder反応も良く研究されている。それぞれ別項を参照されたい。

Danishefsky-Kitahara dieneと呼ばれるジエンは、単純ジエンに比して位置選択性や反応性に優れている。このため、合成上有用な試薬として汎用される。類似のものとしてBrassard diene、Rawal dieneが知られている。

diels_alder_3

 本反応の開発における業績により、Otto DielsとKurt Alder両名は1950年のノーベル化学賞を受賞している。

基本文献

  • Diels, O.; Alder, K. Liebigs Ann. Chem. 1928460 , 98. DOI:10.1002/jlac.19284600106
  • Diels, O.; Alder, K. Liebigs Ann. Chem. 1929470 , 62.
  • Diels, O.; Alder, K. Ber. 1929, 62 , 2081, 2087.
  • Yamabe, S.; Minato, T. J. Org. Chem. 200065, 1830. DOI: 10.1021/jo9919310

<review>

  • Kloetzel, M. C. Org. React. 1948, 4, 1.
  • Holms, H. L. Org. React. 1948, 4, 60.
  • Butz, L. W.; Rytina, A. W. Org. React. 19495, 136.
  • Martin, J. G. Chem. Rev. 1961, 61, 537. DOI:10.1021/cr00013a013
  • Brieger, G.; Bennett, J. N. Chem. Rev. 198080, 63. DOI: 10.1021/cr60323a004
  • Sauer, J.; Sustman, R. Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 198019, 779. DOI: 10.1002/anie.198007791
  • Fallis, A.G. Can. J. Chem. 1984, 62, 183. doi:10.1139/v84-037
  • Ciganek, E. Org. React. 1984, 32, 1.
  • Oppolzer, W. Comp. Org. Syn. 1991, 5, 315.
  • Roush, W. R. Comp. Org. Syn. 1991, 5, 513.
  • Kumar, A. Chem. Rev. 2001, 101, 1. DOI: 10.1021/cr990410+
  • Bear, B. R.; Sparks, S. M.; Shea, K. J. Angew. Chem. Int. Ed. 2001, 40, 820. [abstract]
  • Fringuelli, F.; Piermatti, O.; Pizzo, F.; Vacaro, L. Eur. J. Org. Chem. 2001, 439. [abstract]
  • Hilt, G. Synthesis 2005, 2091. DOI: 10.1055/s-2005-872084
  • Wessig, P.; Muller, G. Chem. Rev. 2008108, 2051. DOI: 10.1021/cr0783986
  • Reymond, S.; Cossy, J. Chem. Rev. 2008108, 5359. DOI: 10.1021/cr078346g
  • Nair, V.; Menon, R. S.; Biju, A. T.; Abhilash, K. G. Chem. Soc. Rev. 2012, 41, 1050. DOI: 10.1039/C1CS15186J

<review for applications to complex molecule/material synthesis>

  • Nicolaou, K. C.; Synder, S. A.; Montagnon, T.; Vassilikogiannakis, G. Angew. Chem. Int. Ed. 2002, 41, 668. [Abstract]
  • Takao, K.-i.; Munakata, R.; Tadano, K.-i. Chem. Rev. 2005105, 4779. DOI: 10.1021/cr040632u
  • Juhl, M.; Tanner D. Chem. Soc. Rev. 200938, 2983. DOI: 10.1039/B816703F
  • Kotha, S.; Meshram, M.; Tiwari, A. Chem. Soc. Rev. 200938, 2065. DOI: 10.1039/B810094M
  • Tasdelen, M. A. Polym. Chem. 2011, 2, 2133. DOI: 10.1039/C1PY00041A
  • Funel, J.-A.; Abele, S. Angew. Chem. Int. Ed. 201352, 3822. DOI: 10.1002/anie.201201636
  • Zydziak, N.; Yameen, B.; Barner-Kowollik, C. Polym. Chem. 2013, 4, 4072. DOI: 10.1039/C3PY00232B
  • Nawrat, C. C.; Moody, C. J. Angew. Chem. Int. Ed. 201453, 2056. DOI: 10.1002/anie.201305908
  • Mackay, E. G.; Sherburn, M. S. Synthesis 2015,47, 1. DOI: 10.1055/s-0034-1378676

反応機構

通常、dieneに電子供与基(EDG)、dienophilieに電子求引基(EWG)を持つ基質が反応に用いられる。フロンティア軌道(dieneのHOMOとdienophilieのLUMO)のエネルギー差が小さくなるため、軌道相互作用による安定化が効果的になり、反応が進行しやすくなる(通常電子要請型)。同様の考え方によれば、dienophileに電子供与基、dieneに電子求引基を持つものも反応しやすい(逆電子要請型)

diels_alder_4
反応はcis付加様式で協奏的に進み、endo付加体が優先的に得られる(endo)。通常電子要請型の場合には二次軌道相互作用で一応の説明がなされるが、endo/exo選択性は立体的影響を大きく受けるため、基質によっては完全にexo選択的に進むこともある。とりわけ、環状配座に固定された分子内Diels-Alder反応などでは、コンフォメーションの自由度が低いため、endo則が当てはまらないことも多々ある。

diels_alder_5

有機電子論からも予測されるように、Diels-Alder付加体の置換基はオルト位/パラ位を占めるように位置選択的に付加する(オルト・パラ則)。より詳細にはFrontier軌道法を用いて説明がなされる。すなわち、HOMO/LUMOの係数が大きい反応点同士が重なるように付加が進行する。

diels_alder_9
環状遷移状態においてジエンはs-cis(cisoid)配座をとって付加する。s-trans(transoid)配座からはDiels-Alder反応は進行しない。たとえば下記の反応においてZ-1,3-pentadieneはs-cis配座をとりにくいため、反応性はE体にくらべ著しく低下する。

diels_alder_2

反応例

近年ではDiels-Alder反応を利用した生合成模倣経路での全合成(Biomimetic Total Synthesis)が数多く報告されている。例えば、SorensenおよびEvansの両グループは分子内Diels-Alder反応を鍵反応とするFR182877の全合成を達成している。

diels_alder_tot

用いるルイス酸によって位置選択性が異なる例が知られている(キレート可能かどうかで、基質への結合位置が変わるため)。

diels_alder_7
プロスタグランジン類の合成:α-クロロアクリロニトリルはDiels-Alder反応におけるケテン等価体として機能する。

diels_alder_8

 

環状エノンに光照射して生じるひずんだジエノフィルはDiels-Alder反応の良い基質となり、通常とは異なるtrans縮環で目的物を与える。以下はvibsanine骨格への応用例[2]。

diels_alder_10

実験手順

フランとアクリル酸メチルを用いるDiels-Alder反応[1]

diels_alder_6

実験のコツ・テクニック

ジエンの重合を防ぐために、弱塩基(ジメチルアニリンなど)や酸化防止剤(ヒドロキノンなど)を加えて反応を行うことも多い。

参考文献

  1. Kotsuki, H.; Asao, K.; Ohnishi, H. Bull. Chem. Soc. Jpn. 1984, 57, 3339. doi:10.1246/bcsj.57.3339
  2. Davies, H. M. L.; Loe, O.; Stafford, D. G. Org. Lett. 2005, 7, 5561. DOI: 10.1021/ol052005c

関連反応

 

関連動画

 

関連書籍

 

 

外部リンク

関連記事

  1. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  2. グレーサー反応 Glaser Reaction
  3. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…
  4. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reacti…
  5. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chi…
  6. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  7. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  8. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  2. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  3. 鉄の新たな可能性!?鉄を用いたWacker型酸化
  4. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授
  5. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  6. 難溶性多糖の成形性を改善!新たな多糖材料の開発に期待!
  7. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応
  8. マックス・プランク Max Planck
  9. 質量分析で使うRMS errorって?
  10. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第2xx回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP