[スポンサーリンク]


生合成

  1. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け,医薬品開発の鍵化合物としても重要な役割を担っている.本書は生薬学,天然物化学,有機合成化学,生化学,薬理学,毒性学,創薬化学,分析…

  2. Imaging MS イメージングマス

    質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

  3. アルカロイドの大量生産

    アルカロイドには強い生理活性を示すものも多く、医薬品のシード化合物としても注目を集めています。しかし…

  4. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

    植物由来の天然物は、微生物等に比べ生合成経路の解明が困難です。いくつか理由はありますが、ゲノムサイズ…

  5. 生合成研究の記事まとめ

    化学者を魅了してやまない複雑な骨格を持つ天然物たち。どのような生合成経路により作られているのかを紹介…

  6. 砂糖水からモルヒネ?

  7. シリンドロシクロファン生合成経路の解明

  8. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに

  9. フルエッギン Flueggine

  10. シス型 ゲラニルゲラニル二リン酸?

  11. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!

  12. イー・タン Yi Tang

  13. 天然の保護基!

  14. ヨン・ピエール Jorn Piel

  15. テッド・ベグリーTadhg P. Begley

  16. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 学会ムラの真実!?
  2. トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethane(TMM) Cycloaddition
  3. 長井長義 Nagayoshi Nagai
  4. NaHの水素原子の酸化数は?
  5. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  6. IBX酸化 IBX Oxidation
  7. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

注目情報

最新記事

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

PAGE TOP