[スポンサーリンク]


生合成

  1. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成

    イボガ型アルカロイド類の生合成および半合成が報告された。抗薬物中毒活性を有する(–)-イボガインは天然からの供給が困難なため、安定した供給が期待できる。抗薬物中毒活性を有する(–)-イボガイン薬物依存症の治療は困難であり、米国では、…

  2. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  3. Imaging MS イメージングマス

    質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

  4. アルカロイドの大量生産

    アルカロイドには強い生理活性を示すものも多く、医薬品のシード化合物としても注目を集めています。しかし…

  5. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

    植物由来の天然物は、微生物等に比べ生合成経路の解明が困難です。いくつか理由はありますが、ゲノムサイズ…

  6. 生合成研究の記事まとめ

  7. 砂糖水からモルヒネ?

  8. シリンドロシクロファン生合成経路の解明

  9. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに

  10. フルエッギン Flueggine

  11. シス型 ゲラニルゲラニル二リン酸?

  12. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!

  13. イー・タン Yi Tang

  14. 天然の保護基!

  15. ヨン・ピエール Jorn Piel

  16. テッド・ベグリーTadhg P. Begley

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  2. 細胞をつなぐ秘密の輸送路
  3. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  4. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  5. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  6. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  7. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

PAGE TOP