[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ほぅ、そうか!ハッとするC(sp3)–Hホウ素化

[スポンサーリンク]

遷移金属触媒の不要な単純なアルカンのC(sp3)–Hホウ素化反応が開発された。本触媒系は従来困難であった結合解離エネルギーの大きなC(sp3)H結合の選択的ホウ素化を可能にした。

ラジカル機構でのC(sp3)–Hホウ素化

C–Hホウ素化は、不活性なC–H結合を様々な官能基へ誘導可能なボリル基に直截変換できる強力な手法である。芳香環上やベンジル位、シクロプロパンのC–H結合を対象としたものや、配向基を利用したC–Hホウ素化反応は数多く報告されているが、単純なアルカンのC(sp3)–Hホウ素化反応は未だ報告例が少なく、挑戦的な課題である[1]
以前、本論文の著者であるBristol大学のAggarwalらは、遷移金属触媒が不要かつ可視光駆動の脱炭酸ホウ素化反応を報告した(図1A)[2]。光照射によってN-ヒドロキシフタルイミドエステルより発生した炭素ラジカルが、ジボロンと反応しボロン酸エステルを与える。本ホウ素化反応は、一級、二級および三級全てのカルボン酸誘導体が利用でき、広範な基質適用範囲を有する。
今回、著者らは水素原子移動(Hydrogen Atom Transfer: HAT)によって単純なアルカンから炭素ラジカルを発生させることができれば、先行研究と同様にジボロンとの反応が進行しC(sp3)–Hホウ素化反応が達成できると考えた(図1B)。HAT触媒はC(sp2)–H結合よりも結合解離エネルギー(Bond Dissociation Energy: BDE)の低いC(sp3)–H結合から優先的に水素原子を引き抜くと考えられる。そのため、従来のC–Hホウ素化における難題であった、C(sp2)–H結合存在下でのC(sp3)–H結合選択的ホウ素化が実現できると期待される。以上の仮説のもと、著者らは可視光照射下、N-アルコキシフタルイミドとB-クロロカテコールボランより調製されるHAT触媒を用いることで、C(sp3)–H結合選択的なホウ素化反応を見いだした(図1C)。本反応は芳香族C–H結合存在下でも選択的にC(sp3)–H結合をホウ素化できる。

図 1 (A) Aggarwalらの先行研究(C) HATを利用するホウ素化の作業仮説 (D) 今回の反応

“Metal-Free Photoinduced C(sp3)–H Borylation of Alkanes”
Shu, C.; Noble, A.; Aggarwal, V. K. Nature, 2020, 586, 714–719.
DOI: 10.1038/s41586-020-2831-6

論文著者の紹介

研究者:Varinder K. Aggarwal

論文の概要

本反応はB-クロロカテコールボラン(3)存在下、ビス(カテコラート)ジボロン2を添加し、種々のアルカン1に390 nmの光を照射することで5’が得られる。容易に加水分解される5’はトリエチルアミンとピナコールを添加して5へ変換した (図 2A)。本反応の基質適用範囲は広く、単純なアルカン1aだけでなくハロゲン1bやアミド1cが利用できた。また、芳香族C–H結合やベンジル位C–H結合をもつ1dもC(sp3)–H結合が選択的にホウ素化される。詳細は割愛するが、有機ケイ素化合物を基質とすると、α-シリル位のC(sp3)–H結合選択的にホウ素化が進行した。
本反応の推定反応機構は次の通りである(図 2B)。(i) まず4が励起されアルコキシラジカル6が生成する。(ii) その後、3と反応してアート錯体Iを形成する。このとき63、およびクロロラジカルと7は平衡にある。(iii) その後アルカン1から錯体IへのHATによりアルキルラジカルIIを与え、2と反応することで錯体IIIを得る。(iv) さらに、IIIはClと反応してホウ素化体5およびラジカルアニオンIVを生成する。(v) 最後にIV4の反応によりIが再生する。
次に著者らは本反応の位置選択性について調査した(図 2C)。まず、ボラート7の添加量を変化させた場合、7の添加量が多いほど一級C–H結合が選択的にホウ素化された。また、2の添加量を増加するとホウ素化の位置選択性は低下した。この結果から著者らは、嵩高いアート錯体IがHATに関与するため立体障害の小さなC–H結合の官能基化が優先したと考えた。一方、2の増加による位置選択性の低下は、副生した二級ラジカルが反応しやすくなったためとしている。さらに、ラジカル捕捉実験ではアミド9がわずかしか得られなかったことから、ホウ素化の位置選択性はアルキルラジカルが発生する過程、すなわちHATの過程で発現していることが示唆された。

図2. (A) 基質適用範囲 (B) 推定反応機構 (C) 反応機構解明実験

以上、HAT触媒を用いたC(sp3)–H結合選択的ホウ素化が開発された。過剰量の基質が必要である点や収率に課題が残るものの、医農薬品や有機材料合成への貢献が期待される。

参考文献

  1. (a) Hartwig, J. F. Regioselectivity of the Borylation of Alkanes and Arenes. Chem. Soc. Rev., 2011, 40, 1992–2002. DOI: 10.1039/c0cs00156b (b) Chen, H.; Hartwig, J. F. Catalytic, Regiospecific End-Functionalization of Alkanes: Rhenium-Catalyzed Borylation under Photochemical Conditions. Angew. Chem., Int. Ed. 1999, 38, 3391–3393. DOI: 10.1002/(SICI)1521-3773(19991115)38:22<3391::AID-ANIE3391>3.0.CO;2-N (c) Chen, H.; Schlecht, S.; Semple, T. C.; Hartwig, J. F. Thermal, Catalytic, Regiospecific Functionalization of Alkanes. Science 2000, 287, 1995–1997. DOI: 10.1126/science.287.5460.1995 (d) Murphy, J. M.; Lawrence, J. D.; Kawamura, K.; Incarvito, C.; Hartwig, J. F. Ruthenium-Catalyzed Regiospecific Borylation of Methyl C–H Bonds. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 13684–13685. DOI: 10.1021/ja064092p (e) Ohmura, T.; Torigoe, T.; Suginome, M. Iridium-catalysed Borylation of Sterically Hindered C(sp3)–H Bonds: Remarkable Rate Acceleration by a Catalytic Amount of Potassium tert-Butoxide. Chem. Commun. 2014, 50, 6333–6336. DOI: 10.1039/c4cc01262c (f) Oeschger, R. et al. Diverse Functionalization of Strong Alkyl C–H Bonds by Undirected Borylation. Science 2020, 368, 736–741. DOI: 10.1126/science.aba6146
  2. Fawcett, A.; Pradeilles, J.; Wang, Y.; Mutsuga, T.; Myers, E. L.; Aggarwal, V. K. Photoinduced Decarboxylative Borylation of Carboxylic Acids. Science 2017, 357, 283–286. DOI: 1126/science.aan3679

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 結晶世界のウェイトリフティング
  2. 高効率な可視-紫外フォトン・アップコンバージョン材料の開発 ~太…
  3. 三次元アクアナノシートの創製! 〜ジャイロイド構造が生み出す高速…
  4. 振動結合:新しい化学結合
  5. 合成小分子と光の力で細胞内蛋白質の局在を自在に操る!
  6. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み
  7. 【マイクロ波化学(株)ウェビナー】 #環境 #SDGs マイクロ…
  8. 有機合成化学協会誌2021年2月号:デオキシプロピオナート構造・…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第166回―「2次元量子材料の開発」Loh Kian Ping教授
  2. のむ発毛薬で五輪アウトに
  3. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation
  4. UV-Visスペクトルの楽しみ方
  5. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition
  6. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  7. 日本化学会と対談してきました
  8. 3Mとはどんな会社?
  9. 伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール
  10. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目情報

注目情報

最新記事

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP