[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ヨン・ピエール Jorn Piel

[スポンサーリンク]

ヨン・ピエール(Jörn Piel, 19xx年xx月xx日)ドイツの天然物化学者。

 

 

経歴

1998 PhD in Chemistry at the University of Bonn, Germany

1998-1999 Postdoctoral research at the University of Washington, Seattle, USA

1999-2004 Research group leader at the Max Planck Institute of Chemical Ecology, Jena, Germany

2004  Habilitation at the University of Jena

2004- Professor for Biological and Organic Chemistry, University of Bonn

 

受賞歴

1998-1999 Feodor Lynen Scholarship of the Alexander von Humboldt Society,

2002 JSPS Visiting Scientist at the University of Tokyo,

2004 Young Scientist Award for Natural Products Research of the DECHEMA,

2004 Matt Suffness Award of the American Society of Pharmacognosy,

2004 Thuringian Research Award,

 

研究

共生微生物の生合成について研究している。

2012年には、ポリセオナミドの生合成を明らかにした。

 

 

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  2. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  3. 谷野 圭持 Keiji Tanino
  4. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytz…
  5. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  6. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  7. 荘司 長三 Osami Shoji
  8. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討
  2. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編
  3. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?
  4. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空気酸化反応
  5. 単一細胞レベルで集団を解析
  6. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より
  7. ケムステ10年回顧録― 副代表版
  8. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】
  9. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました
  10. ベンゼン環をつないで 8 員環をつくる! 【夢の三次元ナノカーボンの創製に向けて】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP