[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ヨン・ピエール Jorn Piel

ヨン・ピエール(Jörn Piel, 19xx年xx月xx日)ドイツの天然物化学者。

 

 

経歴

1998 PhD in Chemistry at the University of Bonn, Germany

1998-1999 Postdoctoral research at the University of Washington, Seattle, USA

1999-2004 Research group leader at the Max Planck Institute of Chemical Ecology, Jena, Germany

2004  Habilitation at the University of Jena

2004- Professor for Biological and Organic Chemistry, University of Bonn

 

受賞歴

1998-1999 Feodor Lynen Scholarship of the Alexander von Humboldt Society,

2002 JSPS Visiting Scientist at the University of Tokyo,

2004 Young Scientist Award for Natural Products Research of the DECHEMA,

2004 Matt Suffness Award of the American Society of Pharmacognosy,

2004 Thuringian Research Award,

 

研究

共生微生物の生合成について研究している。

2012年には、ポリセオナミドの生合成を明らかにした。

 

 

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  2. 飯島澄男 Sumio Iijima
  3. フレーザー・ストッダート James Fraser Stodda…
  4. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III…
  5. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  6. グラーメ・モード Graeme Moad
  7. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  8. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauv…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO
  2. 粘土に挟まれた有機化合物は…?
  3. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory
  4. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana
  5. タミフルの新規合成法・その2
  6. ReadCubeを使い倒す(3)~SmartCiteでラクラク引用~
  7. フラーレン /Fullerene
  8. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)
  9. ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用
  10. キラルアミンを一度に判別!高分子認識能を有するPd錯体

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP