[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ヨン・ピエール Jorn Piel

[スポンサーリンク]

ヨン・ピエール(Jörn Piel, 19xx年xx月xx日)ドイツの天然物化学者。

 

 

経歴

1998 PhD in Chemistry at the University of Bonn, Germany

1998-1999 Postdoctoral research at the University of Washington, Seattle, USA

1999-2004 Research group leader at the Max Planck Institute of Chemical Ecology, Jena, Germany

2004  Habilitation at the University of Jena

2004- Professor for Biological and Organic Chemistry, University of Bonn

 

受賞歴

1998-1999 Feodor Lynen Scholarship of the Alexander von Humboldt Society,

2002 JSPS Visiting Scientist at the University of Tokyo,

2004 Young Scientist Award for Natural Products Research of the DECHEMA,

2004 Matt Suffness Award of the American Society of Pharmacognosy,

2004 Thuringian Research Award,

 

研究

共生微生物の生合成について研究している。

2012年には、ポリセオナミドの生合成を明らかにした。

 

 

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman…
  2. 田中耕一 Koichi Tanaka
  3. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  4. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  5. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  6. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger
  7. クラーク・スティル W. Clark Still
  8. 山東信介 Shinsuke Sando

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬会社のテレビCMがステキです
  2. マイケル・レヴィット Michael Levitt
  3. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する
  4. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応
  5. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(後編)~
  6. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  7. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法
  8. Nsアミン誘導体
  9. 日本化学会第85回春季年会
  10. 有機合成化学協会誌2020年9月号:キラルナフタレン多量体・PNNP四座配位子・π共役系有機分子・フェンタニル混入ヘロイン・プロオリゴ型核酸医薬

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP