[スポンサーリンク]


超分子化学

  1. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

    2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラーレン(C60)が惑星本体、アントラセンを主鎖骨格に持つ大環状分子が土星の輪を模したような分子構造を持つ、ホスト−ゲスト錯体である。N…

  2. 特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

    第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

  3. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

  4. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

    カリフォルニア大学バークリー校・Matthew B. Francisらは、ククルビットウリル(CB6…

  5. ククルビットウリル Cucurbituril

    ククルビットuril, CBn)とは、グリコウリル構造をホルムアルデヒドで連結させることで得られる環…

  6. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

  7. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

  8. ピラーアレーン

  9. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

  10. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

  11. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す

  12. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より

  13. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製

  14. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる

  15. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~

  16. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エド・ボイデン Edward Boyden
  2. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  3. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1
  4. 太陽ホールディングスってどんな会社?
  5. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??
  6. フラーレンが水素化触媒に???
  7. 室温で液状のフラーレン

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

PAGE TOP