[スポンサーリンク]


超分子化学

  1. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:酒田 陽子 先生

    今回の記事では、第14回 ケムステバーチャルシンポジウム「スーパー超分子ワールド」をより楽しむべく、講師の一人である 酒田 陽子先生について紹介いたします。略歴2005.3 東京大学理学部化学科 卒業…

  2. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

    生越 友樹(おごし ともき, 1976年5月)は、日本の有機・高分子・超分子化学者である。京都大学教…

  3. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:宮島 大吾 先生

    今回の記事では、第14回 ケムステバーチャルシンポジウム「スーパー超分子ワールド」をより楽しむべく、…

  4. 第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

    ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

  5. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

    第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

  6. 第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

  7. 第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

  8. 第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授

  9. 第96回―「発光機能を示す超分子・ナノマテリアル」Luisa De Cola教授

  10. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

  11. 非平衡な外部刺激応答材料を「自律化」する

  12. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hardie教授

  13. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Francesco Stellacci教授

  14. 第57回―「アニオン認識の超分子化学」Phil Gale教授

  15. 異なる“かたち”が共存するキメラ型超分子コポリマーを造る

  16. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  2. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  3. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  4. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Dimethylacetamide Dimethyl Acetal
  5. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  6. AIが作った香水、ブラジルで発売
  7. 米メルク、業績低迷長期化へ

注目情報

最新記事

広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」を開始

TikTok For BusinessとAGC株式会社は、AGCをより多くの人に知っていただくことを…

新規性喪失の例外規定とは?

bergです。今回は論文投稿・学会発表と特許出願を同時に行うための新規性喪失の例外規定の適用手続きに…

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

PAGE TOP