[スポンサーリンク]


超分子化学

  1. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11月3日-)は、イギリスの化学者である。ニューヨーク大学学長、オックスフォード大学元学長、イエール大学元学長 (写真:Yale alumni …

  2. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

    2014年、東京大学の藤田誠・澤田智久らは、短鎖ペプチドをリンカーとする配位高分子錯体を合成し、その…

  3. ピラーアレーン

    概要ジメトキシピラーarene)と呼称する。ジメトキシピラーから、超分子化学で広く用…

  4. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

    モハマド・レザ・ガディリ (Mohammad Reza Ghadiri、19xx年xx月xx日(イラ…

  5. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

    「ケムステ海外研究記」の第11回目は、第10回目の赤松さんのご紹介で、名古屋大学大学院理学系研究科(…

  6. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す

  7. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より

  8. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製

  9. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる

  10. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~

  11. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授

  12. 白リンを超分子ケージに閉じ込めて安定化!

  13. レーン 超分子化学

  14. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry

  15. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

  16. 有機の王冠

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~
  2. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  3. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション
  4. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~
  5. フラクタルな物質、見つかる
  6. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  7. 春の褒章2010-林民生教授紫綬褒章

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

PAGE TOP