[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第144回―「CO2を捕捉する多孔性金属-有機構造体の開発」Myunghyun Paik Suh教授

[スポンサーリンク]

第144回の化学者インタビューは、ミョンヒョン・パク・ソ教授です。韓国のソウル大学で化学を専攻し、有機分子や気体の貯蔵や分離に応用できる多孔性金属―有機構造体などの機能性配位高分子の研究を行っています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

小学生の頃から理科や数学が好きでした。勉強しているうちに、世の中のことを忘れてしまいます。難しい問題を解くことに大きな幸せを感じていました。数学者か科学者になりたいと思っていましたが、化学者を選んだのは、他の科学よりも人間の問題をより直接的に解決できると思ったからです。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

バイオリニストです。6歳からバイオリンを始めました。優秀なヴァイオリニストとして認められ、プロになることを考えましたが、両親は音楽家になって欲しいとは思ってくれませんでした。プロのヴァイオリニストになることはありませんでしたが、今でも演奏を楽しんでいます。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

産業排ガス中の二酸化炭素を選択的かつ効率的に捕集できるスマート固体材料の開発を行っています。これらの材料を産業界に応用して二酸化炭素を捕捉することで、地球温暖化問題の解決に貢献したいと考えています。

Q.あなたがもし 歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

天才であり、バイオリニストでもあるアルベルト・アインシュタインと食事をしてみたいです。彼の並外れたIQとEQの高さに魅了されています。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

研究室での最後に行った実験は6年ほど前で、ある化合物の磁化率を学生が測定したときのことでした。彼は細心の注意を払ってサンプルを用意しなければならず、私は丸々一週間、研究室で彼とつきっきりで仕事をしました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

聖書と、ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲(22番と23番)のアルバムを持って行きます。時間をかけて聖書を全部書き直すことで、私の宗教心が高まると信じています。ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲を聴いていると、自分の感情の全てが爆発します。無人島でも、つまらない生活にはならないでしょう。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

ジョージ・ホワイトサイズ教授 です。彼ほどのアクティブな化学者が、もし化学以外の活動を選んでいたらどうなっていたのか、興味津々です。

 

原文:Reactions – Myunghyun Paik Suh

※このインタビューは2010年7月30日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第112回―「生体分子センサー・ドラッグデリバリーシステムの開発…
  2. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kro…
  3. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Car…
  4. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost…
  5. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful …
  6. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教…
  7. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  8. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Nature Catalysis創刊!
  2. 信じられない!驚愕の天然物たち
  3. 基礎有機化学討論会開催中
  4. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann
  5. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  6. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
  7. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)
  8. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition
  9. メソポーラスシリカ(1)
  10. 分析化学科

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

第149回―「ガスの貯蔵・分離・触媒変換に役立つ金属-有機構造体の開発」Banglin Chen教授

第149回の海外化学者インタビューは、バングリン・チェン教授です。テキサス大学サンアントニオ校化学科…

作った分子もペコペコだけど作ったヤツもペコペコした話 –お椀型分子を利用した強誘電体メモリ–

第311回のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院 理工学研究科 基礎化学コー…

【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削減 #リサイクル #液体 #固体 #薄膜 #乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントでは、環境/化学分野の事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波をご紹介…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP