[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第144回―「CO2を捕捉する多孔性金属-有機構造体の開発」Myunghyun Paik Suh教授

[スポンサーリンク]

第144回の化学者インタビューは、ミョンヒョン・パク・ソ教授です。韓国のソウル大学で化学を専攻し、有機分子や気体の貯蔵や分離に応用できる多孔性金属―有機構造体などの機能性配位高分子の研究を行っています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

小学生の頃から理科や数学が好きでした。勉強しているうちに、世の中のことを忘れてしまいます。難しい問題を解くことに大きな幸せを感じていました。数学者か科学者になりたいと思っていましたが、化学者を選んだのは、他の科学よりも人間の問題をより直接的に解決できると思ったからです。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

バイオリニストです。6歳からバイオリンを始めました。優秀なヴァイオリニストとして認められ、プロになることを考えましたが、両親は音楽家になって欲しいとは思ってくれませんでした。プロのヴァイオリニストになることはありませんでしたが、今でも演奏を楽しんでいます。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

産業排ガス中の二酸化炭素を選択的かつ効率的に捕集できるスマート固体材料の開発を行っています。これらの材料を産業界に応用して二酸化炭素を捕捉することで、地球温暖化問題の解決に貢献したいと考えています。

Q.あなたがもし 歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

天才であり、バイオリニストでもあるアルベルト・アインシュタインと食事をしてみたいです。彼の並外れたIQとEQの高さに魅了されています。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

研究室での最後に行った実験は6年ほど前で、ある化合物の磁化率を学生が測定したときのことでした。彼は細心の注意を払ってサンプルを用意しなければならず、私は丸々一週間、研究室で彼とつきっきりで仕事をしました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

聖書と、ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲(22番と23番)のアルバムを持って行きます。時間をかけて聖書を全部書き直すことで、私の宗教心が高まると信じています。ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲を聴いていると、自分の感情の全てが爆発します。無人島でも、つまらない生活にはならないでしょう。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

ジョージ・ホワイトサイズ教授 です。彼ほどのアクティブな化学者が、もし化学以外の活動を選んでいたらどうなっていたのか、興味津々です。

 

原文:Reactions – Myunghyun Paik Suh

※このインタビューは2010年7月30日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第152回―「PETイメージングに活用可能な高速標識法」Phil…
  2. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  3. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - J…
  4. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hard…
  5. 第122回―「分子軌道反応論の教科書を綴る」Ian Flemin…
  6. 第43回「はっ!」と気づいたときの喜びを味わい続けたい R…
  7. 第42回―「ナノスケールの自己集積化学」David K. Smi…
  8. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  2. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  3. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!
  4. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきたいネイティブ発想
  5. ジブロモインジゴ dibromoindigo
  6. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出
  7. 危険物データベース:第1類(酸化性固体)
  8. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応
  9. 第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授
  10. 134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP