[スポンサーリンク]


配位子

  1. エナンチオ選択的α-アルキル-γ-ラクタム合成

    ニッケル触媒反応によるエナンチオ選択的a-アルキル-g-ラクタム合成法が開発された。新奇配位子Quinimを用いることで高いエナンチオ選択性で種々のα-アルキル-γ-ラクタムを与える。α-アルキルピロリドンの不斉合成γ-ラクタムは、…

  2. Qi-Lin Zhou 周其林

    周其林(Qi-Lin Zhou、1957年2月19日–)は中国の有機化学者である。南開大学教授経…

  3. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用

    キラルなα-カチオン性リン配位子を設計、合成し、Au触媒を用いた分子内ヒドロアリール化反応へ適用する…

  4. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri-tert-butylphosphonium Tetrafluoroborate

    空気中で安定なトリ-tert-ブチルホスフィン等価体トリ-tert-ブチルホスフィンは,その電子…

  5. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine

    cis-3,5-二置換モルホリンの立体選択的合成Wolfeらはキラルアミノアルコールからcis-…

  6. (R,R)-DIPAMP

  7. 不斉配位子

  8. XPhos

  9. SPhos

  10. Xantphos

  11. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞を受けた企業人たち
  2. 長期海外出張のお役立ちアイテム
  3. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製
  4. オープンアクセスジャーナルの光と影
  5. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis
  6. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  7. 天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

注目情報

最新記事

ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

PAGE TOP