[スポンサーリンク]


配位子

  1. Qi-Lin Zhou 周其林

    周其林(Qi-Lin Zhou、1957年2月19日–)は中国の有機化学者である。南開大学教授経歴1982 蘭州大学 卒業1987 中国科学技術院 上海有機化学研究所 博士号取得(Yao-Zeng Huang 教授)1988…

  2. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用

    キラルなα-カチオン性リン配位子を設計、合成し、Au触媒を用いた分子内ヒドロアリール化反応へ適用する…

  3. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri-tert-butylphosphonium Tetrafluoroborate

    空気中で安定なトリ-tert-ブチルホスフィン等価体トリ-tert-ブチルホスフィンは,その電子…

  4. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine

    cis-3,5-二置換モルホリンの立体選択的合成Wolfeらはキラルアミノアルコールからcis-…

  5. (R,R)-DIPAMP

    (さらに…)…

  6. 不斉配位子

  7. XPhos

  8. SPhos

  9. Xantphos

  10. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand

スポンサー

ピックアップ記事

  1. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法
  2. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  3. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  4. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回
  5. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute
  6. 良質な論文との出会いを増やす「新着論文リコメンデーションシステム」
  7. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

PAGE TOP