[スポンサーリンク]

archives

(R,R)-DIPAMP

B3035.gif

【東京化成工業】
(R,R)-DIPAMP : (R,R)-1,2-Bis[(2-methoxyphenyl)phenylphosphino]ethane
分子量:458.47
CAS: 55739-58-7
製品コード:B3035
値段: 100mg 9,500円 (2008.10.28 現在)
用途:不斉配位子
説明:Knowlesらが開発したPキラル配位子で,ロジウムと安定な錯体を形成し,不斉水素化触媒として用いられる。パーキンソン病治療薬L-DOPAの合成に利用されている。
文献:W. S. Knowles, M. J. Sabacky, B. D. Vineyard, D. J. Weinkauff, J. Am. Chem. Soc., 1975, 97, 2567
その他のDIAPAMP配位子に関する記述: Pキラル配位子(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  2. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  3. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  4. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  5. イリジウム錯体:Iridium-complex
  6. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  7. キラルオキサゾリジノン
  8. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニオ)エチル : 2-(Methacryloyloxy)ethyl 2-(Trimethylammonio)ethyl Phosphate
  2. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  3. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売
  5. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  6. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発
  7. bothの使い方
  8. ジェームス・ツアー James M. Tour
  9. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrone
  10. 最新有機合成法: 設計と戦略

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP