[スポンサーリンク]

archives

不斉配位子

[スポンサーリンク]

B1614.gif

【東京化成工業】
不斉配位子:(-)-4,5-Bis[hydroxy(diphenyl)methyl]-2,2-dimethyl-1,3-dioxolane
分子量:466.57
CAS: 93379-48-7
製品コード: B1614
値段:  5g 12,000円(2008.10.22 現在)
用途:不斉配位子
説明: キラル配位子として用いるGrignard試薬のケトンへの付加反応は,高い光学収率で第3級アルコールを得ることができる。
文献: . B. Weber, D. Seebach, Angew. Chem. Int. Ed. Engl., 31, 84 (1992).
その他のGrignard試薬関連記事: キラル配位子 / Chiral Ligands(TCIメール) グリニャール試薬 & アルキル金属(TCIオンラインカタログ)

関連記事

  1. 研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組…
  2. ケムステの記事を導出しています
  3. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  4. トリフルオロメタンスルホン酸すず(II) : Tin(II) T…
  5. マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎
  6. 水溶性アクリルアミドモノマー
  7. マテリアルズ・インフォマティクスのためのSaaS miHub活用…
  8. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 味の素グループの化学メーカー「味の素ファインテクノ社」を紹介します
  2. 栄養素取込、ミトコンドリア、菌学術セミナー 主催:同仁化学研究所
  3. 化学に魅せられて
  4. 専門用語(科学英単語)の発音
  5. 小型質量分析装置expression® CMSを試してみた
  6. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜
  7. カルボン酸を触媒のみでアルコールに還元
  8. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  9. 電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成
  10. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP