[スポンサーリンク]

archives

SPhos

mfcd05861611.gif

Aldrich
SPhos: 2-Dicyclohexylphosphino-2′,6′-dimethoxybiphenyl
分子量:410.53
CAS: 657408-07-6
製品コード: 638072
値段: 1g, 18,400円 (2008.10.22 現在)
用途:配位子
説明: 立体障害の大きな芳香族及び芳香族ヘテロ環ハロゲン化物の鈴木-宮浦反応全般に広く利用可能な配位子であるがBuchwald-Hartwigクロスカップリングにも用いられる。
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 田辺シリル剤
  2. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  3. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  4. チアゾリジンチオン
  5. スマホページをリニューアルしました
  6. ペンタフルオロスルファニル化合物
  7. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化…
  8. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ひらめききらめく:/1 「創」のとき、夢の鼓動 /北海道
  2. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  3. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  4. 美しい化学構造式を書きたい方に
  5. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tris(triphenylphosphine)rhodium(I) Chloride
  6. 進化する カップリング反応と 応用展開
  7. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック
  8. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  9. ノーベル化学賞は化学者の手に
  10. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP