[スポンサーリンク]


高分子化学

  1. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓

    第156回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学系研究科の亀谷優樹(かめたに ゆうき)さんにお願いしました!亀谷さんの所属する大内研究室では、高分子化学のバックグラウンドと精密有機合成の考え方を融合させた「オンデマンド精密制…

  2. 微生物の電気でリビングラジカル重合

    テキサス大学オースティン校のBenjamin K. Keitz教授らは、電気を発生する微生物によって…

  3. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

    カリフォルニア大学バークレー校のTing Xu教授らは、生体外の環境でタンパクを安定化するランダム共…

  4. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

    富山県立大学の小山靖人らは,Ugi 反応 (多成分反応) を基盤とした重合反応による交互ペプチドの合…

  5. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発

    アマゾン川には電気ウナギと呼ばれる、電気を発する魚が住んでいます。その体から発せられる電気は600 …

  6. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  7. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

  8. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

  9. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

  10. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  11. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製

  12. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー

  13. 逐次的ラジカル重合によるモノマー配列制御法

  14. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」

  15. 細孔内単分子ポリシラン鎖の特性解明

  16. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケイ素半導体加工に使えるイガイな接着剤
  2. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その2
  3. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  4. 太陽ホールディングスインターシップ
  5. トップデザイン変更
  6. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  7. シガトキシン /ciguatoxin

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP