[スポンサーリンク]


高分子化学

  1. 南 安規 Yasunori Minami

    南 安規(みなみ やすのり)は、日本の有機合成化学者である。産業技術総合研究所・触媒化学融合研究センター・主任研究員。専門は有機合成化学、有機金属化学、均一系触媒化学。第32回ケムステVシンポ講師。 (さらに…)…

  2. 『主鎖むき出し』の芳香族ポリマーの合成に成功 ~長年の難溶性問題を解決~

    第420回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科理学専攻 物質・生命化学領域 有機化…

  3. 分子内架橋ポリマーを触媒ナノリアクターへ応用する

    糖化学ノックイン領域で見据える目標を実現するには、広く捉えて「膜上の化学反応を制御しながら行うこと」…

  4. 第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

    第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

  5. ポリエチレンテレフタレートの常温解重合法を開発

    第353回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター(ケイ素化学チーム…

  6. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

  7. 【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

  8. 第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

  9. 高分子ってよく聞くけど、何がすごいの?

  10. ビニルモノマーの超精密合成法の開発:モノマー配列、分子量、立体構造の多重制御

  11. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介②:前田 勝浩 先生

  12. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介①:東原 知哉 先生

  13. 第11回ケムステVシンポジウム「最先端精密高分子合成」を開催します!

  14. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

  15. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

  16. 第98回―「極限環境における高分子化学」Graeme George教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  2. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  3. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  4. モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル
  5. 第153回―「ネットワーク無機材料の結晶学」Micheal O’Keeffe教授
  6. 低分子化合物の新しい合成法 コンビナトリアル生合成 生合成遺伝子の利用法 Total Synthesis vs Total Biosynthesis
  7. 李昂 Ang Li

注目情報

最新記事

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第445回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

吉田 優 Suguru Yoshida

 吉田 優(よしだ すぐる)は、日本の化学者。専門は、有機合成化学、ケミカルバイオロジー。2…

PAGE TOP