[スポンサーリンク]


高分子化学

  1. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

    但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である。半導体高分子を用いた有機太陽電池や様々な有機電子デバイスの研究を行っている。2021年現在、理化学研究所 創発物性科学研究センター チーム…

  2. 【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

    今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

  3. 第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

    第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

  4. 高分子ってよく聞くけど、何がすごいの?

    この記事では、高分子の〇〇がスゴイ!(個人的見解)をお伝えします。私たちの身の回りにある多く…

  5. ビニルモノマーの超精密合成法の開発:モノマー配列、分子量、立体構造の多重制御

    第287回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院 工学研究科(上垣外研究室)・宮島 雅斗さんに…

  6. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介②:前田 勝浩 先生

  7. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介①:東原 知哉 先生

  8. 第11回ケムステVシンポジウム「最先端精密高分子合成」を開催します!

  9. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

  10. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

  11. 第98回―「極限環境における高分子化学」Graeme George教授

  12. 橘 熊野 Yuya Tachibana

  13. 沼田 圭司 Keiji Numata

  14. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 純 教授

  15. 自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

  16. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  2. 化学でもフェルミ推定
  3. 高校生が河川敷で化学実験中に発火事故
  4. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  5. ベンゼン環が速く・キレイに描けるルーズリーフ
  6. 味の素グループの化学メーカー「味の素ファインテクノ」を紹介します
  7. 化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代配線技術編

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP