[スポンサーリンク]


高分子化学

  1. 分子形状初期化法「T・レックス」の実現~いつでもどこでも誰でも狙った場所だけ狙ったタイミングで~

    第187回スポットライトリサーチは、東京大学の本多智先生にお願いしました。本多先生は、以前にもスポットライトリサーチでインタビューさせていただいており、そのときにはターミネーターに登場する悪役アンドロイド T-1000 を物質科学の…

  2. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子

    第183回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院(福島・庄子研究室)の石割文崇…

  3. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

    Purdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

  4. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓

    第156回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学系研究科の亀谷優樹(かめたに ゆうき)さんに…

  5. 微生物の電気でリビングラジカル重合

    テキサス大学オースティン校のBenjamin K. Keitz教授らは、電気を発生する微生物によって…

  6. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

  7. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

  8. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発

  9. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  10. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

  11. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

  12. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

  13. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  14. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製

  15. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー

  16. 逐次的ラジカル重合によるモノマー配列制御法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?
  2. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  3. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus
  4. トビン・マークス Tobin J. Marks
  5. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  6. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  7. ペタシス反応 Petasis Reaction

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

PAGE TOP