[スポンサーリンク]


高分子化学

  1. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

    但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である。半導体高分子を用いた有機太陽電池や様々な有機電子デバイスの研究を行っている。2021年現在、理化学研究所 創発物性科学研究センター チーム…

  2. 【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

    今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

  3. 第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

    第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

  4. 高分子ってよく聞くけど、何がすごいの?

    この記事では、高分子の〇〇がスゴイ!(個人的見解)をお伝えします。私たちの身の回りにある多く…

  5. ビニルモノマーの超精密合成法の開発:モノマー配列、分子量、立体構造の多重制御

    第287回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院 工学研究科(上垣外研究室)・宮島 雅斗さんに…

  6. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介②:前田 勝浩 先生

  7. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介①:東原 知哉 先生

  8. 第11回ケムステVシンポジウム「最先端精密高分子合成」を開催します!

  9. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

  10. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

  11. 第98回―「極限環境における高分子化学」Graeme George教授

  12. 橘 熊野 Yuya Tachibana

  13. 沼田 圭司 Keiji Numata

  14. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 純 教授

  15. 自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

  16. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  2. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました① 概要編
  3. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で新設
  4. 有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン
  5. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  6. 芳香環メタ位を触媒のチカラで狙い撃ち
  7. 第37回「トリプレットでないと達成できない機能を目指して」楊井 伸浩 准教授

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

PAGE TOP