[スポンサーリンク]


高分子化学

  1. 橘 熊野 Yuya Tachibana

    橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学、超分子化学。現在、群馬大学大学院理工学府 准教授。経歴1999 大阪府立大学工学部 卒業(高田 十志和 教授)2001 大阪府…

  2. 沼田 圭司 Keiji Numata

    沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

  3. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 純 教授

    第81回の海外化学者インタビューは、奥田 純 教授です。アーヘン工科大学無機化学研究所の有機金属化学…

  4. 自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

    第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

  5. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

    第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

  6. 第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

  7. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授

  8. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授

  9. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」Molly Shoichet教授

  10. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

  11. 第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

  12. 異なる“かたち”が共存するキメラ型超分子コポリマーを造る

  13. 第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

  14. 規則的に固定したモノマーをつないで高分子を合成する

  15. 世界初の気体可塑性エラストマー!!

  16. 二酸化塩素と光でプラスチック表面を機能化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  2. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  3. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  4. 【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~
  5. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement
  6. アビー・ドイル Abigail G. Doyle
  7. たるんだ肌を若返らせる薄膜

注目情報

最新記事

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

PAGE TOP