[スポンサーリンク]


高分子化学

  1. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

    ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、アメリカの高分子化学者である。マサチューセッツ工科大学化学科教授。(写真:MIT化学科)経歴2004 ワシントン大学セントルイス校 バ…

  2. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

    第34回の海外化学者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadb…

  3. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

    第79回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター 酵素研究チーム(沼田研究…

  4. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

    第30回の海外研究者インタビューは、マーカス・ウェック教授です。ニューヨーク大学化学科に在籍しており…

  5. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製

    第49回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科・博士課程3年の増田造さんにお願いしま…

  6. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー

  7. 逐次的ラジカル重合によるモノマー配列制御法

  8. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」

  9. 細孔内単分子ポリシラン鎖の特性解明

  10. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる

  11. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)

  12. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法

  13. ブロック共重合体で無機ナノ構造を組み立てる

  14. 軽量・透明・断熱!エアロゲル(aerogel)を身近に

  15. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界

  16. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 軸不斉のRとS
  2. スーパーブレンステッド酸
  3. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  4. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)
  5. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究
  6. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering
  7. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)

注目情報

最新記事

チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧

チャールズ・スターク・ドレイパー賞(Charles Stark Draper Prize)とは、全米…

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

PAGE TOP