[スポンサーリンク]


高分子化学

  1. 橘 熊野 Yuya Tachibana

    橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学、超分子化学。現在、群馬大学大学院理工学府 准教授。経歴1999 大阪府立大学工学部 卒業(高田 十志和 教授)2001 大阪府…

  2. 沼田 圭司 Keiji Numata

    沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

  3. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 純 教授

    第81回の海外化学者インタビューは、奥田 純 教授です。アーヘン工科大学無機化学研究所の有機金属化学…

  4. 自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

    第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

  5. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

    第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

  6. 第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

  7. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授

  8. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授

  9. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」Molly Shoichet教授

  10. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

  11. 第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

  12. 異なる“かたち”が共存するキメラ型超分子コポリマーを造る

  13. 第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

  14. 規則的に固定したモノマーをつないで高分子を合成する

  15. 世界初の気体可塑性エラストマー!!

  16. 二酸化塩素と光でプラスチック表面を機能化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2022年11月号:英文特別号
  2. 日本発化学ジャーナルの行く末は?
  3. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  4. 周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–
  5. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  6. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  7. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製

注目情報

最新記事

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

PAGE TOP