[スポンサーリンク]


電気化学

  1. 電気化学ことはじめ(2) 電位と電流密度

    前回の記事ではざっくりと測定をするために必要なセットアップについて紹介しました。今回はもうちょっと原理的なところに立ち返って、測定で実際に観測される電位と電流密度について説明していきます。そもそも酸化還元反応とは?さて確認ですが、水…

  2. 電気化学ことはじめ(1) 何が必要なの??

    化学の中で酸化還元反応というのは非常によく出てくるトピックであり、高校でも水の電気分解から電気化学系…

  3. 最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止…

  4. 第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

    第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

  5. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法

    電気化学とスルファミドを巧みに用いてアルケンをジアミノ化する新規手法が開発された。遷移金属や酸化剤を…

  6. 書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

  7. 微生物の電気でリビングラジカル重合

  8. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

  9. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す

  10. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大学・Kanan研より

  11. 生きたカタツムリで発電

  12. 有機EL organic electroluminescence

スポンサー

ピックアップ記事

  1. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?
  2. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl Group
  3. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化
  4. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる
  5. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  6. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応
  7. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

注目情報

最新記事

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

PAGE TOP