[スポンサーリンク]

F

フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

一級アミンとアルデヒドから得られるイミンのアルキル化、引き続く加水分解によって二級アミンを合成する手法。

基本文献

  • Forster, M. O. J. J. Chem. Soc. 189975, 934.
  • Decker, H.; Becker, P. Ann. 1913, 395, 362.

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidat…
  2. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cr…
  3. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Syn…
  4. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromi…
  5. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  6. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hyd…
  7. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent…
  8. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  2. バーチ還元 Birch Reduction
  3. 会社説明会で鋭い質問をしよう
  4. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応
  5. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル
  6. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!
  7. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  8. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  9. 自動車排ガス浄化触媒って何?
  10. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP