[スポンサーリンク]

会告

最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

[スポンサーリンク]

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止されていますね。エレクトロニクス分野においても、例年5月末から6月初めにかけて東京ビッグサイトで開催されていた業界屈指の祭典であるJPCA Show 2020(第50国際電子回路産業展)が中止に追い込まれるなど、影響が拡大していました。大変残念な限りです。

そんなさなか、同じくJPCA(一般社団法人 日本電子回路工業会)主催の「最新プリント配線板技術ロードマップセミナー」がオンライン開催されると告知されました(2020.7.16現在)。

最新の5G関連技術・市場動向等のトピックスをはじめ、「2021年度版 プリント配線板技術ロードマップ」に記載される予定の内容も含めて紹介される運びとのことです。さらに、外部専門家による最新技術動向と製品・市場動向の解説コーナーも設けられているとのことで、化学・素材業界に従事されている方や、もしかするとこれから就職を控えている学生さんにも役に立つかもしれませんね。本記事ではその概要を引用してご紹介します。

開催概要

公式サイト最新プリント配線板技術ロードマップセミナー(オンラインセミナー)開催のお知らせ

配信日時2020年9月10日(木)13:00~17:00Zoomを用いたオンライン配信)

視聴方法申込書に必要事項を記載、メールにて申し込み。

主催:一般社団法人 日本電子回路工業会(JPCA)

申込期限:2020年8月31日(月)まで

プログラム

(それぞれ質疑時間5 分を含みます。内容については変更する場合があります。)

・13:00-14:00

5G の関連技術(モバイル電子機器、オートモーティブエレクトロニクス、

ハイパフォーマンスコンピューティングの技術及び市場動向)

宇都宮 久修(WG5 主査)

・14:00-15:00

第5 世代移動通信方式(5G)向けスモールセル基地局の動きを探る

大橋 洋二(富士通㈱)

・15:00-15:20 休憩

・15:20-16:00

400 Gbps イーサーネット基板の動向

飯長 裕(沖プリントテッドサーキット㈱)

・16:00-17:00

スマートフォン業界:新型コロナ華為(ファーウェイ)制裁影響、5G 普及を見据えた今後の展望

中根 康夫(みずほ証券㈱)

参加要項

定 員:先着200名

参加費:20,000 円(税込)…JPCA/JEITA/JIEP 会員

50,000 円(税込)…非会員

お問い合わせ

一般社団法人日本電子回路工業会 ロードマップセミナー係

事業部 青木様 (std2@jpca.org) TEL:03-5310-2020 FAX :03-5310-2021

今後のエレクトロニクス関連産業に重大な影響を及ぼすであろう新型コロナウイルスの感染拡大や5G通信の実用化、米中貿易戦争など、数々の興味深い話題が登場するようです。このあたりはより上流の工程に位置する多くの化学・素材メーカーの動向にも密接に関連してきますので、ご参加を検討されてみてはいかがでしょうか?

そもそもJPCAとは?

電子回路工業の高度化、および電子回路の品質・性能の向上を図ることを目的に設立された、電子回路工業及び関連産業の業界団体です。1962年(昭和37年)6月に38社が集結して「日本プリント回路工業会」として発足。以後、研修会、セミナー、年1回のJPCA Showの開催、団体規格の制定、各種統計整備、動向調査の実施などを行っています。電気機器メーカーのほかにも化学・素材関連の有名企業がずらりと顔を揃えます。

連絡先

〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-2 回路会館2階

TEL:03-5310-2020

FAX:03-5310-2021

公式サイト:https://jpca.jp/

berg

berg

投稿者の記事一覧

化学メーカー勤務。学生時代は有機をかじってました⌬
電気化学、表面処理、エレクトロニクスなど、勉強しながら執筆していく予定です

関連記事

  1. リンと窒素だけから成る芳香環
  2. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反…
  3. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション
  4. ものごとを前に進める集中仕事術「ポモドーロ・テクニック」
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤
  6. J-STAGE新デザイン評価版公開 ― フィードバックを送ろう
  7. 生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発
  8. 結晶世界のウェイトリフティング

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!
  2. バニリン /Vanillin
  3. 試験概要:甲種危険物取扱者
  4. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  5. フェネストレンの新規合成法
  6. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  7. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian
  8. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支援
  9. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  10. メントール /menthol

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP