[スポンサーリンク]


Nature Chemistry

  1. アフリカの化学ってどうよ?

    お隣中国の発展は目覚ましく、既に論文数では到底及ばない状態になっていることは多くの方がご存知の通りです。いわゆるBRICsの中でサイエンスの世界では優等生になりつつある中国とともに、インドの化学も侮れません。というわけで少し前にインドの化学…

  2. 誤った科学論文は悪か?

    世間を狂乱の世界に陥れた、Nature誌への論文掲載から始まったSTAP細胞問題から早二年が過ぎまし…

  3. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発

    セラミックス材料は数多くの種類が知られていますが、その中でもチタン酸バリウム(B…

  4. 史上最も不運な化学者?

    化学の黎明期は新元素発見により飛躍的に発展してきました。新元素の発見者は後世に永遠に語り継がれること…

  5. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー

    今週はノーベル賞の発表が控えており、今からワクワクが止まりませんね。それはそれで置いておきま…

  6. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す

  7. 異分野交流のすゝめ

  8. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉

  9. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法

  10. それは夢から始まったーベンゼンの構造提唱から150年

  11. 地球外生命体を化学する

  12. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?

  13. 研究者よ景色を描け!

  14. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-前編

  15. 論文の自己剽窃は推奨されるべき?

  16. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. MSH試薬 MSH reagent
  2. 持続可能社会をつくるバイオプラスチック
  3. iPadで計算化学にチャレンジ:iSpartan
  4. 水分解 water-splitting
  5. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも
  6. 「文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり」シリーズ
  7. 科研費の審査員を経験して

注目情報

最新記事

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

PAGE TOP