[スポンサーリンク]


Nature Chemistry

  1. 第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

    第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemistry誌の編集長を務めています(第1号刊行記念として編集長自ら答えています!)。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hellip…

  2. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pichon博士

    第84回の海外化学者インタビューは、アンネ・ピコン博士です。Nature Chemistry誌および…

  3. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Withers博士

    第76回の海外化学者インタビューは、ニール・ウィザース博士です。Nature Chemistry誌の…

  4. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Gavin Armstrong博士

    第73回の海外化学者インタビューは、ガビン・アームストロング博士です。Nature Chemistr…

  5. 第71回―「化学のリーディングジャーナルを編集する」Stephen Davey博士

    第71回の海外化学者インタビューは、ステファン・ダービー博士です。Nature Chemistry誌…

  6. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

  7. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

  8. 揮発した有機化合物はどこへ?

  9. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

  10. シアノスター Cyanostar

  11. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

  12. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  13. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  14. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物

  15. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

  16. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists
  2. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2021年版】
  3. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  4. ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt
  5. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution
  6. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  7. アコニチン (aconitine)

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

PAGE TOP