[スポンサーリンク]


Nature Chemistry

  1. 第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

    第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemistry誌の編集長を務めています(第1号刊行記念として編集長自ら答えています!)。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hellip…

  2. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pichon博士

    第84回の海外化学者インタビューは、アンネ・ピコン博士です。Nature Chemistry誌および…

  3. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Withers博士

    第76回の海外化学者インタビューは、ニール・ウィザース博士です。Nature Chemistry誌の…

  4. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Gavin Armstrong博士

    第73回の海外化学者インタビューは、ガビン・アームストロング博士です。Nature Chemistr…

  5. 第71回―「化学のリーディングジャーナルを編集する」Stephen Davey博士

    第71回の海外化学者インタビューは、ステファン・ダービー博士です。Nature Chemistry誌…

  6. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

  7. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

  8. 揮発した有機化合物はどこへ?

  9. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

  10. シアノスター Cyanostar

  11. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

  12. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  13. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  14. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物

  15. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

  16. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2017年の注目分子はどれ?
  2. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く
  3. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson
  4. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定
  5. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材
  6. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化
  7. 金大発『新薬』世界デビュー

注目情報

最新記事

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

PAGE TOP