[スポンサーリンク]


Nature Chemistry

  1. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pichon博士

    第84回の海外化学者インタビューは、アンネ・ピコン博士です。Nature Chemistry誌およびNature Asia-PacificのAssociate Editorを担当しています(訳注:現在はSenior Editor)。それでは…

  2. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Withers博士

    第76回の海外化学者インタビューは、ニール・ウィザース博士です。Nature Chemistry誌の…

  3. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Gavin Armstrong博士

    第73回の海外化学者インタビューは、ガビン・アームストロング博士です。Nature Chemistr…

  4. 第71回―「化学のリーディングジャーナルを編集する」Stephen Davey博士

    第71回の海外化学者インタビューは、ステファン・ダービー博士です。Nature Chemistry誌…

  5. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

    第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

  6. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

  7. 揮発した有機化合物はどこへ?

  8. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

  9. シアノスター Cyanostar

  10. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

  11. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  12. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  13. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物

  14. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

  15. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」

  16. アフリカの化学ってどうよ?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 速報! ノーベル物理学賞2014日本人トリプル受賞!!
  2. ノッド因子 (Nod factor)
  3. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  4. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa
  5. varietyの使い方
  6. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  7. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応

注目情報

最新記事

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

PAGE TOP