[スポンサーリンク]


Nature Chemistry

  1. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

    2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視光励起することで強力な酸化力が発揮される事実を見いだした。これを活用し、熱的反応では進行しない形式の不斉触媒反応(アルキルシランから酸化的に…

  2. 揮発した有機化合物はどこへ?

    有機化合物の中には、蒸発しやすいもの(揮発性の物質)がたくさんあります。研究室でおなじみのアセトンや…

  3. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

    真面目に研究されている方々には大変失礼ながら、タイトルからはなんだか中二感満載のワードです。かくいう…

  4. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

  5. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

    第98回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学の宮田潔志さん(日本学術振興会海外特別研究員)にお…

  6. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  7. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  8. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物

  9. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

  10. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」

  11. アフリカの化学ってどうよ?

  12. 誤った科学論文は悪か?

  13. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発

  14. 史上最も不運な化学者?

  15. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー

  16. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より
  2. マツタケオール mushroom alcohol
  3. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  4. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  5. 非対称化合成戦略:レセルピン合成
  6. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で
  7. サーバーを移転しました

注目情報

最新記事

Altmetric Score Top 100をふりかえる ~2018年版~

Tshozoです。暑い中電子版ジャーナルをお読みの方々、論文横のコーナーにある数字をご覧にな…

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

PAGE TOP