[スポンサーリンク]


Nature Chemistry

  1. 第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

    第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemistry誌の編集長を務めています(第1号刊行記念として編集長自ら答えています!)。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hellip…

  2. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pichon博士

    第84回の海外化学者インタビューは、アンネ・ピコン博士です。Nature Chemistry誌および…

  3. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Withers博士

    第76回の海外化学者インタビューは、ニール・ウィザース博士です。Nature Chemistry誌の…

  4. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Gavin Armstrong博士

    第73回の海外化学者インタビューは、ガビン・アームストロング博士です。Nature Chemistr…

  5. 第71回―「化学のリーディングジャーナルを編集する」Stephen Davey博士

    第71回の海外化学者インタビューは、ステファン・ダービー博士です。Nature Chemistry誌…

  6. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

  7. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

  8. 揮発した有機化合物はどこへ?

  9. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

  10. シアノスター Cyanostar

  11. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

  12. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  13. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  14. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物

  15. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

  16. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping
  2. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  3. 第6回HOPEミーティングに参加してきました:ノーベル賞受賞者と夢語り合い
  4. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  5. π-アリルパラジウム錯体
  6. 2013年ケムステ人気記事ランキング
  7. 水素結合の発見者は誰?

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

PAGE TOP