[スポンサーリンク]


Nature Chemistry

  1. 第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

    第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemistry誌の編集長を務めています(第1号刊行記念として編集長自ら答えています!)。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hellip…

  2. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pichon博士

    第84回の海外化学者インタビューは、アンネ・ピコン博士です。Nature Chemistry誌および…

  3. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Withers博士

    第76回の海外化学者インタビューは、ニール・ウィザース博士です。Nature Chemistry誌の…

  4. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Gavin Armstrong博士

    第73回の海外化学者インタビューは、ガビン・アームストロング博士です。Nature Chemistr…

  5. 第71回―「化学のリーディングジャーナルを編集する」Stephen Davey博士

    第71回の海外化学者インタビューは、ステファン・ダービー博士です。Nature Chemistry誌…

  6. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

  7. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

  8. 揮発した有機化合物はどこへ?

  9. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

  10. シアノスター Cyanostar

  11. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

  12. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  13. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  14. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物

  15. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

  16. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation
  2. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  3. 官営八幡製鐵所関連施設
  4. 結晶構造データは論文か?CSD Communicationsの公開
  5. IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Blue Gene」を活用
  6. 出張増の強い味方!「エクスプレス予約」
  7. 企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

注目情報

最新記事

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

PAGE TOP