[スポンサーリンク]


Nature Chemistry

  1. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

    2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視光励起することで強力な酸化力が発揮される事実を見いだした。これを活用し、熱的反応では進行しない形式の不斉触媒反応(アルキルシランから酸化的に…

  2. 揮発した有機化合物はどこへ?

    有機化合物の中には、蒸発しやすいもの(揮発性の物質)がたくさんあります。研究室でおなじみのアセトンや…

  3. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

    真面目に研究されている方々には大変失礼ながら、タイトルからはなんだか中二感満載のワードです。かくいう…

  4. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

  5. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

    第98回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学の宮田潔志さん(日本学術振興会海外特別研究員)にお…

  6. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  7. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  8. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物

  9. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

  10. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」

  11. アフリカの化学ってどうよ?

  12. 誤った科学論文は悪か?

  13. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発

  14. 史上最も不運な化学者?

  15. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー

  16. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す

スポンサー

ピックアップ記事

  1. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri
  2. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見
  3. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。
  4. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  5. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  6. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile Synthesis
  7. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 

注目情報

最新記事

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

PAGE TOP