[スポンサーリンク]

一般的な話題

一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉

[スポンサーリンク]

TBS, NHKと言えば?

6チャンネル(Tokyo Broadcasting System)と1チャンネル(Nihon Hoso Kyokai)の頭文字ですよね。

でも有機化学を専門とする方にはどちらかというと、tert-butyldimethylsilyl基Nozaki-Hiyama-Kishi反応のことが先に思い浮かぶのではないでしょうか。

このように専門用語と一般的な言葉の意味が異なるケースはたくさんあるのではないかと思います。そんな話題について今回はご紹介したいと思います。

 

一般vs化学者

 

以前有機化学美術館さんでも同様のポストがありました。

日本語で化学者と一般人で意味の違う言葉というお題で、例えばドラフトと言えば一般にはプロ野球のドラフト会議などがイメージされるのに対し、化学者ではドラフトチャンバーのことであるとか、ベースと言えば楽器、いや塩基のことだなどです。同様なことは英語でも当たり前のようにあるようです。今回は久々Nature Chemistry誌からBryn Mawr CollegeMichelle Francl教授によるthesisを基に、英語に関する話題を提供させていただきます。前回のはこちら

Chemical doublespeak

Francl, M. Nature Chem. 7, 533-534 (2015). doi: 10.1038/nchem.2288

 

きっかけはこんなニュースから

A University of Manchester building was evacuated because of a potentially explosive chemical, police have said.

Officers were called to the Paper Science Building, Sackville Street, at 11:30 GMT after a report some acetone peroxide had crystallised, making it volatile.

Police also evacuated surrounding buildings as a precaution but said they believed there was no malicious intent.

They said the incident was resolved and buildings reopened.

A Greater Manchester Police spokesman said there was no connection between the evacuation and a explosion involving chemicals at a University of Liverpool laboratory earlier.

BBC NEWS 2015.3.4

 

ざっくり訳すと、マンチェスター大学で過酸化アセトンという爆発生の物質が予期せず出来てしまい、危険なので建物を封鎖したんだけど、安全が確認されてよかったねという感じでしょうか。

過酸化アセトン

過酸化アセトン

さて、このニュースのどこがひっかかるのかというと、二つ目の文章になります。Google先生によりますと、

役員は、それが揮発すること、いくつかのアセトン過酸化物を結晶化したレポートの後11:30 GMTに、紙科学ビル、サックヴィル通りに呼ばれていました。(太字は筆者)

さっぱり意味が通じませんが、Google先生も本来の文脈とは異なる訳をしている単語があります。それはvolatileという単語です。

Volatileという単語は化学者の間では“揮発性の”という意味で通常使われます。しかし、このニュースではそれは適当では無く、“<物事が>変わりやすい、不安定な”の方でとらえるべきです。すなわち同音異義語(homonyms)です。

化学に関係したニュースで使われていたのでGoogle先生も揮発性の方を選択してしまったのでしょう。ある意味賢いとも言えますね。

 

このようにして、英単語にも同音異義語が多数存在し、1000以上あるそうです。その中にも一般的に用いられる意味と、化学者の間ではすぐに通じる意味で使われるような単語が存在します(文献のSupplementary Informationにたくさん収録されていますのでご興味がありましたらどうぞ)。例えば自転車のような二輪車もノルボルネンのような二環性もbicycleです。

変わったところではRaman スペクトルはramen noodles(ラーメン)の単数形? Ferris wheels (観覧車)とferrous ion (第一鉄イオン)は微妙に発音は異なりますが同音異字(homophones)と言ってよいかもしれません。

 

中には一般的に用いられてきた単語に専門用語に当てはめたものもあるでしょうが、逆に専門用語が乗っ取られた(hijacked)ものもあります。

例えばNeon paintsにはネオンは入ってません。これはネオンサインのように光る塗料ということからきていると思われます。ネオンサインは元々ネオンを封入した管でしたのでその名の通りでしたが、その後アルゴンが使われたりして名を表さなくなってきました。

doublespeak_1

ネオンペイント

 

Quantum Dietなるダイエット法があるそうです。量子ダイエット!?とひっくり返りそうになりますが、quantumという単語には“少量の”という意味があることを筆者は007シリーズの 慰めの報酬 (Quantum of solace)の時に学んでいたので、少量ダイエットなのかなと思いました。しかしもう一度調べると、“画期的な”という意味があるではありませんか。うーん奥が深いですね。ちなみに検索すると量子場がどうのこうのというサイトがヒットしてきますのでご注意を。

 

 

化学者vs異分野の科学者

一般人と化学者との間で異なる意味というのはたくさんありそうですが、科学者どうしでも混乱があるかもしれません。

化学者にお馴染みmoleという単語はかなり色々な意味があって面白いです。動物学ではモグラを、それが転じてスパイという意味が、ほくろ、あざという意味や、防波堤とそれこそ様々な分野で全く異なる意味で用いられます。発音も同じです。

Lead compoundと言ったら、薬学系では薬剤の候補となるような化合物、無機化学系では鉛関係の化合物と意味が違うかもしれませんね。Periodic table (周期表)とperiodic acid (過ヨウ素酸)のスペルが同じなことに学生の時気づいたときは二度見してしまいました。

画像は文献より

画像は文献より

略号でも分野によって異なる使い方をしたりしますね。有機化学者だったらTLCといえばthin layer chromatography (薄層クロマトグラフィー)のことですが、Google先生によればそれはR&Bの女性バンドだそうです。

物理化学者がRTと言えば気体定数と温度のことでしょうが、有機化学者なら室温(room temperature)のことかもしれません。はたまた若者の間ではTwitterのretweetのことかもしれませんね。

 

一つの言葉で色々意味があるのは多義語(polysemy)と呼ばれますが、こういった単語は混乱を招く可能性が少なからずあります。などではこういった多義性がしばしば楽しまれるのですが、明確に意味が異なることが誰からも明らかな場合は化学者も用語の命名にちょっとしたしゃれっ気を出すことがあります。Flash chromatography (フラッシュクロマトグラフィー)は明らかに光りませんが、非常に良く特徴を表していると思います。これがgas-propelled column chromatography (ガス推進カラムクロマトグラフィー)だったら野暮ったいですもんね。

 

言葉というのは移り変わっていくものなので、一つの言葉に次々と意味が追加されていくことは珍しくありません。科学用語を新しく創生するのもいいですが、門外漢を混乱させるような言葉はあまり好ましくないと思われます。しかし最も重要なのは、分野を超えて言葉からイメージがしやすいということだと思います。日本語、英語に限らず世界各地できっとこんなことをやってるんでしょうか。

 

ちなみに冒頭の有機化学美術館さんのブログのコメント欄も面白いです。あるあるネタがたくさんあります。そこで上がってなかったのでJACS (Journal of the American Chemical Society)通称ジャックスは一般にはクレジット会社かななんて。TIPSと書いてあったら普通は秘訣とか裏技ですが、有機化学ではtriisopropylsilyl基とか。まだまだあると思いますので思いついたらぜひRTして下さい!

 

関連書籍

ペリプラノン

ペリプラノン

投稿者の記事一覧

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. DNAに人工塩基対を組み入れる
  2. 企業の組織と各部署の役割
  3. 化学のあるある誤変換
  4. 分子集合体がつくるポリ[n]カテナン
  5. 触媒的芳香族求核置換反応
  6. 研究倫理を問う入試問題?
  7. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化…
  8. ビニグロールの全合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  2. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する
  3. 第11回ケムステVシンポジウム「最先端精密高分子合成」を開催します!
  4. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より
  5. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学
  6. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキソール : 1-Trifluoromethyl-3,3-dimethyl-1,2-benziodoxole
  7. 近況報告Part III
  8. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる技術を開発
  9. 海外で働いている僕の体験談
  10. 有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

連続アズレン含有グラフェンナノリボンの精密合成

第280回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院薬学研究科(高須研究室)・小川直希さんにお願いし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP