[スポンサーリンク]

一般的な話題

史上最も不運な化学者?

[スポンサーリンク]

化学の黎明期は新元素発見により飛躍的に発展してきました。新元素の発見者は後世に永遠に語り継がれることになりますので、この上ない名誉と言えます。

それでは最も多くの新元素を発見したのは誰でしょう?

希ガス元素を芋ずる式に発見したウイリアム・ラムゼー?アルカリ金属などを続けざまに発見したハンフリー・デービー?放射性元素を発見したマリ・キュリー

いずれも化学の教科書に載っている偉大な化学者達で、数種類の新元素を発見しています。しかし彼らを凌駕する数の元素を発見した(かもしれない)のに、あまり知られていない不遇の化学者がいます。

その名もカール・ヴィルヘルム・シェーレ。なぜ彼の名はそこまで轟いていないのでしょうか。

 

 

scheele_5Scheeleの肖像が入った切手(画像は文献より)

ケムステ読者の皆様でしたらシェーレなんて知らんという方はいないのかもしれませんが、高校生に聞いたらほぼ認知度ゼロではないかと思います。シェーレの名にちなんだ元素もありません。なぜこのようなことになってしまったのか少し考えてみましょう。

その前にシェーレの元素発見に関する業績について振り返ってみたいと思います。

シェーレは少なくとも6つ、すなわちバリウム塩素モリブデン酸素窒素タングステンの発見に関わっています。

 

まずは塩素です。1774年にシェーレは新しい物質として「脱フロギストン海塩酸気(dephlogisticated muriatic acid air)」を発見しました。海塩酸(muriatic acid)とは現在でいうところの塩酸です。当時はびこっていたフロギストン説によって元素の概念は混迷を極めていました。シェーレもその波にもまれ、フロギストンの有無について考慮した命名になっています。

MnO2 + 4HCl → MnCl2 + 2H2O + Cl2

塩酸の酸化で得られたことから、シェーレはここで得られた気体には酸素が含まれていると考えてしまい、(実際にはCl2だったのですが)この酸化物をmuriaticumと名付けました。

rp_davy_medal.gifDavy Medal

それから約40年後の1810年、英国のハンフリー・デービーはこのmuriaticumは酸素を含まない単体であることを「発見」し、塩素と名付けました。こういった経緯から塩素の発見者としてはシェーレとデービーが語られることはありますが、彼が命名したmuriaticumという言葉は、現代ではnatrum muriaticumというレメディーとしてホメオパシーというインチキの中にしか残っていないのです。

しかもこの際用いた古代からの色素であった二酸化マンガンに新しい元素、マンガンが含まれていることにもシェーレは気付いていた節があります。しかし還元することができず新元素発見には至りませんでした。1774年に同郷のJohan Gottlieb Gahnが炭素を用いて不純ではありましたがマンガンを得ることに成功し、マンガンの発見者としてその名を残しました。

Scheele was somewhere on a scale between quite unfortunate and the unluckiest chemist ever to walk the Earth.

Priestly_1Prietley

次は酸素です。1772年シェーレは酸化水銀に種々の硝酸塩を作用させると、「火の空気」が得られる事を発見していました。しかし何故かこの発見を直ぐには発表しませんでした。その間に1774年には英国のジョセフ・プリーストリーが「脱フロギストン空気」として現代で言うところの酸素を発見してしまい、プリーストリーが発見者とされてしまいました。全く別々の発見でしたが、正にpublish or perishとなってしまいました。後日ラボアジェが酸素の発見者としてはシェーレとプリーストリーが別々に貢献したことを言及しましたが、ラボアジェに宛てた手紙でシェーレは自身の実験機器が不足しており、ラボアジェに実験を依頼していたという経緯がありました。

続いて窒素です。窒素は1772年に英国(スコットランド)のダニエル・ラザフォードが発見したとされています。しかしほぼ同時にシェーレ、キャベンディッシュも同様の発見をしています。空気にカリウムの硫化物、チオ硫化物などの混合物を作用させ、酸素を除く事で窒素が得られる事を見出しており、特にキャベンディッシュは窒素の単離法をも記述しています。しかし彼らもラザフォードほど早く発表しませんでした。

 

バリウムモリブデンはどうでしょうか。酸化バリウム中に新元素が含まれている事にシェーレは気付いていました。しかし当時の手法でアルカリ金属、アルカリ土類金属を得る術はなく、34年後デービーが電解を用いてバリウムの単離に成功し発見者の栄誉に輝くのです。

Molybdenite , Rare Metalmolybdenite

シェーレは1778年モリブデンについても輝水鉛鉱、molybdena(現代のmolybdenite, MoS2)という鉱物はgalena(PbS)とは異なっており、新元素が含まれる事を示し、これにmolybdenumという名称を与えました。友人であるPeter Jacob Hjelmが1781年に酸化物を石炭で還元する事でモリブデンの単離に成功しています。

 

最後はタングステンです。1781年にシェーレは灰重石(CaWO4)からタングステン酸(現代の酸化タングステン(IV))を得る事に成功します。ちょっと混乱しますがシェーレは灰重石の名称としてtungsten(重い石の意)を与えました。1783年スペインのエルヤル兄弟がタングステン酸の還元によって単体を得る事に成功し、タングステンの発見者としてクレジットされています。名称はタングステンですが、元素記号はWでありこれはドイツ語のwolframからきていることは以前にも紹介した通りです。

 

ここで全国のシェーレファンの皆様に朗報です!元素名にシェーレは使われていませんが、上述の灰重石の名称として1821年にKarl Caesarが「scheelite」とすることを提案し、現在でもそれが使われています!

sheele_1sheeliteは永遠の輝き(画像は文献より)

元素名ではなく鉱物に名を残すというのも少し微妙ですか?実はもう一つありまして、Scheele’s Greenという緑の色素として一時大流行したものに名が残っています。有機化合物で緑といえば葉緑素ですがご存知の通り直ぐ退色するなど、天然由来の緑色色素は結構珍しいです。このシェーレが合成した通称シェーレグリーンの組成はCuHAsO3であり、お察しの通り非常に毒性が強く、恐らく多くの人を死に至らしめたと考えられます。その中にはシェーレ自身も含まれているのかもしれません。

scheele_2かのナポレオンもScheele’s Greenの犠牲者だという説もあります。

好奇心旺盛だったシェーレのこと、自ら合成した化合物は臭いを嗅いだり、味見したことでしょうから・・・シェーレは1786年、43才の若さでこの世を去ってしまいました。

If he had lived a longer life his genius might be better stamped into chemical history.

歴史にIfは禁物ですが、もしシェーレがもっと長生きしていれば、もっともっと多くの化合物や元素を発見していたに違いありません。燦然と輝く史上最も偉大な化学者として教科書の表紙を飾ったのではないでしょうか。

 

さて、ここまで不運、不遇な化学者も珍しいのではないかと思います。なんかちょっと惜しいというのがあまりにも多いです。一つの不運は、彼が生まれるのが早すぎたことではないかと思います。バリウムの単離のように当時の技術では到底不可能だったものもあります。あと一つ挙げられるのは功を急がなすぎたことでしょうか。やはり科学では得られた結果はきちんと公にしておくことが重要です。蓋を開けてみれば、そんなの気付いてたよとか、それやろうと思ってたんだよねとかいう論文に遭遇することはありませんか?自分ではオリジナルだと思い込んでいても、世界にはきっと同じような事を考えている研究者が3人はいるといつも肝に銘じておきたいものです。

 

このような不運な物語を読めば、皆様がいかに恵まれているかという気持ちになりましたよね?

今回のポストはお馴染みNature Chemistry誌よりBruce C. Gibb教授のthesisを参考にさせていただきました。前回のはこちら

Hard-luck Scheele

Gibb, B. C. Nature Chem. 7, 855–856 (2015). doi: 10.1038/nchem.2379

 

 

関連書籍

ペリプラノン

ペリプラノン

投稿者の記事一覧

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit
  2. プラスチック類の選別のはなし
  3. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~
  4. Carl Boschの人生 その4
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編…
  6. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護̶…
  7. 研究者の活躍の場は「研究職」だけなのだろうか?
  8. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果
  2. シュプリンガー・ジャパン:生化学会書籍展示ケムステ特典!
  3. 有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  4. ハロホルム反応 Haloform Reaction
  5. スポンジシリーズがアップデートされました。
  6. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund Rearrangement
  7. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物
  8. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  9. English for Writing Research Papers
  10. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP