[スポンサーリンク]


NMR

  1. Mestre NovaでNMRを解析してみよう

    日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思いますが、筆者はBrukerしかない環境にいますので、今回は一般によく普及しているMestre Novaの解析方法について紹介したいと思います…

  2. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート

    冷やすと電気抵抗がゼロになる超電導材料の低温研究から医療機器や半導体製造まで、幅広く使われているヘリ…

  3. NMRのプローブと測定(Bruker編)

    有機化学者にとって液体NMRは必須のアイテム。ケムステの読者の皆様も毎日のように使っておられると思い…

  4. 小スケールの反応で気をつけるべきこと

    前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

  5. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】

    第177回目のスポットライトリサーチは九州大学大学院工学府の君塚研究室に所属する修士課程2年の藤原才…

  6. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

  7. NMR管

  8. 固体NMR

  9. NMRの基礎知識【測定・解析編】

  10. NMRの基礎知識【原理編】

  11. NMR解析ソフト。まとめてみた。①

  12. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

  13. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

  14. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

  15. NMR in Organometallic Chemistry

  16. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

スポンサー

ピックアップ記事

  1. もし新元素に命名することになったら
  2. トリニトロトルエン / Trinitrotoluene (TNT)
  3. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 番外編 ~NEDOの成果について~
  4. House-Meinwald転位で立体を操る
  5. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  6. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  7. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑩:メクボール の巻

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

PAGE TOP