[スポンサーリンク]


NMR

  1. Mestre NovaでNMRを解析してみよう

    日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思いますが、筆者はBrukerしかない環境にいますので、今回は一般によく普及しているMestre Novaの解析方法について紹介したいと思います…

  2. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート

    冷やすと電気抵抗がゼロになる超電導材料の低温研究から医療機器や半導体製造まで、幅広く使われているヘリ…

  3. NMRのプローブと測定(Bruker編)

    有機化学者にとって液体NMRは必須のアイテム。ケムステの読者の皆様も毎日のように使っておられると思い…

  4. 小スケールの反応で気をつけるべきこと

    前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

  5. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】

    第177回目のスポットライトリサーチは九州大学大学院工学府の君塚研究室に所属する修士課程2年の藤原才…

  6. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

  7. NMR管

  8. 固体NMR

  9. NMRの基礎知識【測定・解析編】

  10. NMRの基礎知識【原理編】

  11. NMR解析ソフト。まとめてみた。①

  12. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

  13. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

  14. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

  15. NMR in Organometallic Chemistry

  16. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 李昂 Ang Li
  2. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  3. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授
  4. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  5. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation
  6. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  7. スタニルリチウム調製の新手法

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

PAGE TOP