[スポンサーリンク]


NMR

  1. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】

    第177回目のスポットライトリサーチは九州大学大学院工学府の君塚研究室に所属する修士課程2年の藤原才也さんにお願いしました。君塚研究室はかねてから分子凝縮系や自己組織化系におけるスピン励起状態間のエネルギー移動に基づいた分子システム…

  2. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

    理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

  3. NMR管

    NMR管(NMR tube)は溶液のNMRを測定する際に使うガラスの細い管である。NMRを頻繁に測定…

  4. 固体NMR

    固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

  5. NMRの基礎知識【測定・解析編】

    本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

  6. NMRの基礎知識【原理編】

  7. NMR解析ソフト。まとめてみた。①

  8. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

  9. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

  10. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

  11. NMR in Organometallic Chemistry

  12. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

  13. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

  14. マリウス・クロア G. Marius Clore

  15. これならわかるNMR/二次元NMR

  16. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. The Journal of Unpublished Chemistry
  2. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosugi-Stille Cross Coupling
  3. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  4. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  5. チエナマイシン /thienamycin
  6. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター
  7. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

PAGE TOP