[スポンサーリンク]


NMR

  1. 200MHzのNMRが持ち歩けるって本当!?

    理化学研究所株式会社 JEOL RESONANCEイムラ・ジャパン株式会社の共同研究グループは高分解能ポータブルNMR(200 MHz)の開発に成功した。既存の卓上NMRの中で最高磁場であり、持ち運びも容易なハイスペック…

  2. 【書籍】有機スペクトル解析入門

    自然科学系書籍の老舗・裳華房さんより 2021年3月に刊行された「有機スペクトル解析入門」を紹介…

  3. NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

    NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

  4. 機器分析の基礎知識【まとめ】

    機器分析は研究に不可欠なツールです。座学として化学を勉強しているだけでは、分析化学のありがたみをあま…

  5. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

    kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

  6. 合成化学者のための固体DNP-NMR

  7. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授

  8. NMRの測定がうまくいかないとき(2)

  9. NMRの測定がうまくいかないとき

  10. Mestre NovaでNMRを解析してみよう

  11. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート

  12. NMRのプローブと測定(Bruker編)

  13. 小スケール反応での注意点 失敗しないための処方箋

  14. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】

  15. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

  16. NMR管

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  2. 産学官若手交流会(さんわか)第19回ワークショップ のご案内
  3. 化学系学生のための就活2019
  4. 光親和性標識法の新たな分子ツール
  5. 総収率57%! 超効率的なタミフルの全合成
  6. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  7. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold

注目情報

最新記事

抗リーシュマニア活性を有するセスキテルペンShagene AおよびBの全合成研究

第362回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院農学研究科(入江研究室)・八木田凌太郎さんにお願…

マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

見逃し配信のお申込みはこちら■概要2021年10月13日に開催されたウェブセミナー「マテ…

第3の生命鎖、糖鎖の意味を解明する!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー③】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

PAGE TOP