[スポンサーリンク]


NMR

  1. 南ア企業がヘリウム生産に挑む

    1ドルで買って大儲けというのには全く興味がないのですが、ヘリウムの生産が始まったという部分には要注目かと思いますのでニュースを紹介させていただきます。 (さらに…)…

  2. 進む分析機器の開発

    がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの芳賀淑美主任研究員、植田幸嗣プロジェクトリーダーらの研究…

  3. 有機ナノ結晶からの「核偏極リレー」により液体の水を初めて高偏極化 ~高感度NMRによる薬物スクリーニングやタンパク質の動的解析への応用が期待~

    第438回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院 工学府応用科学専攻(楊井研究室)修士2年の松本…

  4. 越野 広雪 Hiroyuki Koshino

    越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

  5. 第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!

    こんにちは、今回第31回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

  6. 200MHzのNMRが持ち歩けるって本当!?

  7. 【書籍】有機スペクトル解析入門

  8. NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

  9. 機器分析の基礎知識【まとめ】

  10. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

  11. 合成化学者のための固体DNP-NMR

  12. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授

  13. NMRの測定がうまくいかないとき(2)

  14. NMRの測定がうまくいかないとき

  15. Mestre NovaでNMRを解析してみよう

  16. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シューミン・リー Shu-Ming Li
  2. トリテルペノイドの「トリ」!?octanorcucurbitacin Bの全合成
  3. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復”
  4. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura
  5. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!
  6. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  7. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

PAGE TOP