[スポンサーリンク]


NMR

  1. NMRのプローブと測定(Bruker編)

    有機化学者にとって液体NMRは必須のアイテム。ケムステの読者の皆様も毎日のように使っておられると思います。しかし、NMRは多くの情報を与えてくれるかわりに、MSなどと比べ、かなり感度の悪い測定として知られています。今回は液体測定の際に、どの…

  2. 小スケール反応での注意点 失敗しないための処方箋

    前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてまとめてみま…

  3. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】

    第177回目のスポットライトリサーチは九州大学大学院工学府の君塚研究室に所属する修士課程2年の藤原才…

  4. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

    理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

  5. NMR管

    NMR管(NMR tube)は溶液のNMRを測定する際に使うガラスの細い管である。NMRを頻繁に測定…

  6. 固体NMR

  7. NMRの基礎知識【測定・解析編】

  8. NMRの基礎知識【原理編】

  9. NMR解析ソフト。まとめてみた。①

  10. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

  11. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

  12. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

  13. NMR in Organometallic Chemistry

  14. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

  15. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

  16. マリウス・クロア G. Marius Clore

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization
  2. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  3. 【書籍】新版 元素の小辞典
  4. サリンを検出可能な有機化合物
  5. 有機合成化学協会誌2020年5月号:特集号 ニューモダリティ;有機合成化学の新しい可能性
  6. Reaxys PhD Prize再開!& クラブシンポジウム2019参加者募集
  7. 東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀

注目情報

最新記事

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

PAGE TOP