[スポンサーリンク]

一般的な話題

“Wakati Project” 低コストで農作物を保存する技術とは

Tshozoです。

2011年からベルギー で継続されているプロジェクトが少し面白いので、ご紹介します。その名も『Wakati Project』。タイトルの”Wakati”はスワヒリ語の「時間」を意味するそうです。日本語の「分かち」じゃないのでご注意を。で、何のプロジェクトかというと、

「サハラ周辺の気候でも簡単なしくみで野菜類・果物類を保存できるようにするプロジェクト」

です。

wakati_01

同プロジェクトのロゴ 引用はWakati.orgより

まさかこんな方法で、と最初思いましたが、実際に保管できてるようなのです。今回はそのお話。

もともとの経緯は、同プロジェクト創始者のArne Pauwels氏がベルギー アントワープにあるArtesis College在学中に産み出したアイデアに基づいたものです。同氏はその後University of Antwerpの製品開発に関わる学科に進学、2011年に本記事のタイトルである”Wakati Project”を推進するNPOを設立。現在エチオピアを中心に活動を進めている途中です。

wakati_06

現地で装置の説明をするArne Pauwels氏 引用は同じくWakati.orgより

同氏の問題意識は要約すると下記3点。

 ●アフリカ農業生産量の約70%が小規模農家によるものだが、その生産品の大半(40%)が消費者に届く前に廃却されること
 ●保管時、流通時、加工時のうち、保管時の腐敗による廃却が極めて多いこと
 ●厳しい気候条件&肥沃でない土地での生産物であることを考慮すると、この40%というのは数字以上のロスを産み出していること

このうち2点目の保管時の廃却を如何に低減するか、が大きな課題です。しかもこの解決策を必要としているのが貧困層農家の方々なので、低投資・低ランニングコスト・わかりやすい技術でなくてはならん。加えて、サハラ近郊の高い温度でも少なくとも1週間は保存できなくてはならんでしょう。

ではこの難しい課題に対し、同氏は具体的に何をしたのか。非常に殺菌スペクトルの広い殺菌剤を合成、開発したのか。はたまた、超高性能な脱酸素剤とか超低コストな真空ラミネータ(ボツリヌス菌が入ったら終わりですが)を開発したのか。超高性能超省力冷蔵庫を開発したのか。そのうち、どれでもありません。

正解は

紙の箱(実際には少し透気性のある樹脂性のシート)で野菜を梱包し、
その中で極少量の水(200ml程度)を入れ、
内部に取り付けた、消費電力数Wくらいのファンを使って②を蒸発させフル加湿しながら保存する

というものです。

wakati_03

“Wakati” 装置のイメージ(”Flanders Today October, 2013“より引用)
白いビニールテントの中には小さなファンと水入れが付いており、太陽電池と小型の電池で常時作動する

そんなもんすぐカビるわい、と思いましたが下図のように効果は明白です。根菜とかは日本でも新聞紙に包んだりしますからまぁ何となく推測できますが、葉物類も良好な状態を保っているのは驚きでした。Pauwelsのインタビューなどを見ると、「86℃で紙に包んでフル加湿して保存できるか試してみたんだ、そしたら結構うまくいったんだよ」などと意味不明なことを供述しており、どこから発案してそういう保存法を思いついたのかは不明です。いずれにせよクソ加湿しててなんでこんなに良い状態を保っているのか、本当に不思議です。現在ルーヴェン大学、アントワープ大学と共同でそのメカニズムも同時に探っており、何が起きているかを是非早く知りたいですね。

wakati_02

根菜類(ニンジン)の例 10日以内ならほぼ冷蔵庫と同じ性能を示す(引用:Phys.org 及びWakati.org)
KU Leuvenはルーヴェン大学のことで、Wakati Projectと共同開発を実施中
残念ながら葉物類の証拠写真は新サイトに移行した(2015.1.22)際の不具合で見れなくなっています

Wakatiシステムの紹介動画

この成果により、Pauwels氏は「例の掃除機」で有名なDyson社の若手デザイン賞などの各賞(こちら)を受賞し、現在エチオピアを中心に200件近くのユニットを置いてどこまで保存が効くか、のフィールドワークを継続しており、今後もその裾野は広がっていくものと思われます。

あと、カビは本当に対策出来ているのか・・・と思ったらちゃんと対応しており、殺菌(カビ)のため低コストオゾン(O3)発生器を盛り込んだものでもフィールド検証を進めていました。多少コストや消費電力は上がるでしょうが、小さい閉鎖空間ですから装置の能力が低くても大丈夫でしょう。ピーナッツ等に広範に発生するカビ類による猛毒アフラトキシン(こちら)の生成等が保管中に起きてはエライことになりますからね。色々問題は今後も出てくると思いますが、このプロジェクトが広範に普及し廃棄食料が減っていくことを願っておる次第です。

で、今回なんでこの話を持ち出したかですが、この”Wakati project”を引っ張るArne Pauwelsのインタビュー中での発言に表現されています。

 wakati_04

文章の引用はdevex社”What it will take to end food waste“より

 つまり「イノベーションとは最高の新技術を創ることだけでなく、現状のニーズやプロセスに対し、現有技術を最低限の労力でどう合わせこみ得るかを示すことも含まれる(一部意訳)」という実例を示してくれているからです。同Projectではこの考えを基本として、既存のシンプルな技術の組み合わせで今回の簡単なシステムが出来上がったということで、故・横井軍平氏の「枯れた技術の水平思考」と通じるものがあります。

実際企業などの組織体に入ると、ムチャクチャな低予算でムチャクチャな目標のプロジェクトが降ってくることが多々あります。そういう場合には、今巷で話題の「高性能ウンタラ電池」とかのように徒に「ハイテク」を振り回すのではなく、まず起きている問題を体験・把握した上で「限られた物資」でなんとか出来ないか考える・発案することが第一歩である必要があります。そうすれば今回のWakati Projectのケースのように、未だ試されていない領域のフォルダを自分なりに作って拓いていくことができ、実質的な解決に繋がるかもしれません・・・まぁ大概うまくいかないのですがそれは筆者のアイデアを生み出す能力が低いためですきっと。

wakati_07

G. Whitesides教授による”Paper Diagnostics:  Simple and low-cost Systems”(リンク)より引用
原理的には血液が1滴あれば各種の診断を行うことが可能
安い、廃棄物が出ない(焼くだけ)、遠隔地でも診断できるという総合的な発想に基づく解決策

ともかく、Whitesides教授がこちらのプレゼンテーション資料で述べられているように、特に食料や水といった人間の根本に関係する問題が頻発する途上国では「安い解決策」が必要とされているケースがほとんどです。上図のようなWhitesides教授の「ペーパー診断ツール」は、今回のWakati Projectと共通する視点に基づき作られたものでしょう。「高価な物資やお金が無いから問題が解決しないのではなく、自らのアイデアやトライアルが足らないのかもしれない」—精神論はあまり好きではないですが、たまにはそうした基本的なとこに立ち返ることが必要だとこれらの事例を見て深く恥じ入った次第です。

少々短いですが、今回はこんなところで。

The following two tabs change content below.
Tshozo

Tshozo

メーカ開発経験者(電気)。54歳。コンピュータを電算機と呼ぶ程度の老人。クラウジウスの論文から化学の世界に入る。ショーペンハウアーが嫌い。

関連記事

  1. 水素結合の発見者は誰?
  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)…
  3. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  4. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転…
  5. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』
  6. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!
  7. アルミニウムで水素分子を活性化する
  8. 『元素周期 ~萌えて覚える化学の基本~』がドラマCD化!!!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  2. 2008年10大化学ニュース
  3. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より
  4. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場
  5. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis
  6. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015
  7. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  8. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  9. ロンドン・サイエンスミュージアム
  10. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP