[スポンサーリンク]

ケムステニュース

南ア企業がヘリウム生産に挑む

[スポンサーリンク]

1ドルで買って大儲けというのには全く興味がないのですが、ヘリウムの生産が始まったという部分には要注目かと思いますのでニュースを紹介させていただきます。

南ア企業、草地のガス生産権を1ドルで購入 発見したヘリウムは数十億ドル相当か
(CNN) 南アフリカの新興企業レナジェンが、同国フリーステート州バージニア近郊にある草地のガス生産権と採掘権を購入したとき、創業者らは近くの採掘場に電力が供給できるほどの小規模な天然ガス埋蔵量が見つかることを期待していた。
レナジェンのステファノ・マラニ最高経営責任者(CEO)によると、同社は2013年に1ドル(現在のレートで約148円)で生産権と採掘権を購入し、何年も前に鉱物探査用に設置された2本のさびたドリルパイプから流れるガスの組成テストを行った。そこで発見されたのは、標準よりもはるかに高濃度なヘリウムだった。
パーティー用の風船を膨らませる以外にも、ヘリウムにはさまざまな商業的用途がある。凝縮して液化させたヘリウムは、マイクロチップの製造やMRI(磁気共鳴断層撮影)のスキャン技術に不可欠な冷却成分として使用される。だが、世界のヘリウム価格と供給は不安定で、ヘリウムの生産を行う国は世界で10カ国にも満たない。
レナジェンは偶然にも金脈を掘り当てたのだった。同社は現在、バージニア・ガス・プロジェクトでおよそ1億9800万立方メートル以上のヘリウム埋蔵量を確認しており、その価値は40億ドル以上、さらに潜在的な埋蔵量を含めると最大120億ドルに達する可能性があるという。
(中略)
レナジェンの天然ガス埋蔵量が特別なのは、ヘリウムの濃度が標準よりもはるかに高いことだ。マラニ氏によると、その割合は平均3%で、場所によっては12%に達するという。対照的に、米土地管理局(BLM)によると、世界最大のヘリウム供給国である米国のヘリウムの濃度は平均すると0.35%、もう一つの主要国であるカタールのヘリウムの平均濃度は0.04%だ。
(後略)
太字は筆者による CNN 2024年1月27日

ヘリウムに関する話題は定期的にありまして(こちらこちらこちら)、特に近年の高止まり傾向にはほとほと困り果てております。医療用のMRIや化学におけるNMRは液体ヘリウムをかなり消費しますので切実な問題です。
筆者の大学にも液体ヘリウムが必須なNMRが数台ありまして、いったい年間おいくらかかっているのかは怖くて正視できないレベルです。従って価格が下がってくれるかもしれないニュースには飛びついてしまいます。
以前タンザニアでヘリウムガス田が発見されたというニュースを紹介させていただきましたが、結局その後商業ベースには乗っていないようです。現在のヘリウム生産国は限られており、ざっくりとですが米国55%、カタール30%、ポーランドオーストラリアロシアアルジェリアが残り15%のシェアとなっております。
今回のニュースを信じるならばかなり高濃度でヘリウムが含まれているようなので、コスト面で戦える可能性があります。そうなれば世界シェアの数%を取れるかもしれません。
ヘリウム価格大暴落とまではいかないかもしれませんが、せめて需給の逼迫みたいなことに貢献してくれないかなと期待しておきます。

関連書籍

ペリプラノン

投稿者の記事一覧

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  2. 反応開発における顕著な功績を表彰する「鈴木章賞」が創設 ―北海道…
  3. ふるい”で気体分離…京大チーム
  4. 積水化学、高容量電池の火炎防ぐ樹脂繊維複合材を開発
  5. 抗精神病薬として初めての口腔内崩壊錠が登場
  6. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された
  7. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  8. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 土釜 恭直 Kyoji Tsuchikama
  2. 火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功
  3. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpach Quinoline Synthesis
  4. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki
  5. 元素も分析する電子顕微鏡
  6. 「もしかして転職した方がいい?」と思ったらまずやるべき3つのこと
  7. 紙製TLC!? 話題のクロマトシートを試してみた
  8. 酒石酸にまつわるエトセトラ
  9. 第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授
  10. ケミストリ・ソングス【Part 2】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目情報

最新記事

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP