[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授

[スポンサーリンク]

第87回の海外化学者インタビューは、ダニエル・オレアリー教授です。ボードイン大学化学科に在籍し、NMR分光法と有機合成化学を用いて水素結合とペプチドの立体配座を研究しています(訳注:現在はポモナ大学に在籍)。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

生物学を専攻したいと思って大学に入学し、生物学の学位要件を満たすために化学入門を2年間受講しました。その後の夏に、素晴らしい学部研究を経験し、核磁気共鳴による生物学的システムの研究手法を学びました。このプロジェクトは生物学への興味を強固にし、生物プロセスの根源に到達するには、化学的要因を理解する必要があることを示してくれました。化学を専攻することは次のステップとして理にかなっていました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

アラスカの水産部で働いているいとこがいます。彼は多くの日を屋外と水上で過ごし、魚介類の個体数調査を行っています。自分の食習慣からすると、この仕事はお菓子屋で働く子どものようなものです。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

化石燃料を使わないプロセスで地球に電力を供給する方法を見つける必要があります。この問題は一夜にして解決できるものではないので、化学の教師は、教室に座っている子どもたちがこの問題を解決するのであって、自分たちが解決するのではないことを認識する必要があります。我々化学者は、教師がそうなってくれるよう、鼓舞していく必要があります。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

オレゴンの長距離ランナー、Steve Prefontaineです。なぜかって?ハードワーク、原因を追及してやまない姿勢、心身のタフさ、チームワーク、フレンドシップといった全てを備えているからです。彼の才能は国中を感動させ、1970年代のランニングブームに火を付けました。夜はヘイワード・フィールドで400回のセットから始まり、その後はおいしい食事と少々のビールで続けます。健康な自分を取り戻したいと思って良い理由を探してきましたが、これならきっとうまくいくでしょう。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

ちょうどこの一週間は、NMR分光計の側で学生と一緒に実験していました。イェール大学のScott Millerグループと共同で、興味深い触媒活性をもつペプチドの溶液構造を決定しようとしています。私が学部メインの大学で教鞭をとりつつ研究をしようと決めた理由の一つは、研究室で学生と密に仕事をするのが楽しいからです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

前世の笑い話や思い出話で島流し生活をスタートさせたく思っています。CDは、ジョン・F・ケネディ演説集の録音にします。島からの脱出はすぐさま 「To Do リスト」のトップに上り詰めることになると思うので、音楽を聴きながらのんびり座っていたくはありません。ケネディのスピーチにはアドレナリンがみなぎっていて、新たな人生をベア・グリルス(訳注:英国のサバイバル冒険家)のように生きるには、エネルギーを爆発させることが必要です。島からの脱出に失敗したら、岩に座ってケネディの「キューバにおけるソ連の軍備増強に関する米国民へのラジオ・テレビ報道」を暗唱します。あのスピーチにはいい叱咤がたくさん含まれているので、もし島から出られなかったら、叱られムードにさせてくれるんじゃないか、という気がしました。

 

原文:Reactions – Daniel O’Leary

※このインタビューは2008年10月24日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授
  2. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Cric…
  3. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教…
  4. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」…
  5. 第38回「材料の励起状態制御に挑む」嘉部量太 准教授
  6. 第113回―「量子コンピューティング・人工知能・実験自動化で材料…
  7. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授…
  8. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2023年6月号:環状ペプチド天然物・フロキサン分子・分子内パラジウム触媒移動機構・C(sp3)–H結合官能基化型環化反応・一置換アセチレン類
  2. 化学者の卵、就職サイトを使い始める
  3. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  4. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  5. TBSの「未来の起源」が熱い!
  6. 不均一系触媒を電極として用いる電解フロー反応を実現
  7. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発
  8. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から
  9. 発展が続く新型コロナウィルス対応
  10. 抗がん剤などの原料の新製造法

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP