[スポンサーリンク]


論文

  1. Chemの論文紹介はじめました

    皆様Chemという雑誌をご存知でしょうか。2016年に発刊された化学ジャーナルで、発刊元はCell Press。そうCNSのCellを発行している出版社です。Cell Pressは満を持してこの化学ジャーナルをは…

  2. 反応開発はいくつ検討すればいいのか? / On the Topic of Substrate Scope より

    一体どれだけ実験すれば俺たちは報われる……?新しい有機反応を開発する反応開発分野では、見つけた反…

  3. 有賀先生に質問しよう!!【第29回ケムステVシンポ特別企画】

    有賀先生は、表面化学や超分子化学などの有機材料分野で素晴らしい成果を上げておられる研究者としての側面…

  4. 金属-金属結合をもつ二核ランタノイド錯体 -単分子磁石の記録を次々に更新-

    Long らはランタノイド-ランタノイド結合をもつ初めての安定な二核錯体を報告しました。その二核錯体…

  5. 腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

    2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

  6. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

  7. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

  8. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-

  9. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

  10. Retraction watch リトラクション・ウオッチ

  11. 研究生活の心構えー修士課程、博士課程に進学したあなたへー

  12. ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう

  13. 論文がリジェクトされる10の理由

  14. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

  15. Chemistry Reference Resolverをさらに便利に!

  16. 研究者版マイナンバー「ORCID」を取得しよう!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版
  2. 目指せPlanar!反芳香族性NIR色素の開発
  3. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー
  4. オルガネラ選択的な薬物送達法:①細胞膜・核・ミトコンドリアへの送達
  5. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  6. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~
  7. 立体特異的アジリジン化:人名反応エポキシ化の窒素バージョン

注目情報

最新記事

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

PAGE TOP