[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Chemistry Reference Resolverをさらに便利に!

論文探し、捗ってますか?

以前紹介しましたChemistry Reference Resolver、ケムステ読者の皆さんならば常時活用中と思われます。あれから年月を経て対応ジャーナルも増え、機能もたくさん追加され、いっそう使いやすくなっています。

中には知られざるテクニックもあるようで、より便利に使えるよう、公式ページに載っているHelp and Trickなどから抜粋してお届けします!

DOI番号で検索する

意外と知らない人が多いのでは?”DOI”コマンドを付けても付けなくてもOK。余談ですが、日本語変換ソフトに”どい”→”http://dx.doi.org/”を単語登録しておき、ブラウザURL窓でDOI番号コピペするやり方も高速化にお薦めです。

”oadoi”というコマンドを付けると、オープンアクセス版論文をDOI検索することが出来ます。こちらもhttp://dx.oadoi.org/(DOI番号)とURLにタイプするだけで、ブラウザから飛べます。

化学物質データを取得する

”sa”を付けて化合物名もしくはCAS番号で検索すると、Sigma-Aldrichの商品ページに飛んでくれます。

”msds”もしくは”sds”と付ければ、安全性データシート(MSDS)も探せます(※CAS番号限定)。

特許も検索対象になっている

米国特許データベースUSPTO(コマンドは”US”もしくは”uspat”)、欧州特許データベースEspacenet(コマンドは”patent”)から探すことが出来ます。

ブラウザプラグインで便利に使おう!

各種ブラウザ対応のプラグインを使うこと、毎度公式サイトを経由する必要がなくなります。Chrome、Firefox、Safariユーザの方は何も考えずに入れておくのが吉です。最近アップデートされて、さらに使いやすくなりました(画像はアップデート情報より転載)。

文字列選択→右クリックメニューから検索可能になったり・・・

URL窓で“ref”と打って検索すれば、一発で文献サイトへ飛ぶこともできるようになります。

ホットキーでデスクトップから一発検索!(Win)

公式ページより引用

AutoHotKeyプログラム公式配布の設定ファイルをインストールするだけで、citation number/DOI選択→Win+C で論文にすぐさま飛べるデスクトップ環境が出来上がります。

OSのホットキーをハックしている扱いですが、たったこれだけでブラウザを開き直したりフォーカスし直したりする面倒な手順がショートカットされます。その快適さといったらありません。

Wordで執筆中の論文だけど、参考文献を確認したいなぁ・・・→Win+C!

論文PDFの参考文献にハイパーリンクが貼られてないよ・・・→Win+C!

お、ネット記事が出てる!でもやっぱり論文にハイパーリンクがないよ・・・→Win+C!

普段からこんな感じになってしまい、もはや手放せない機能になりました。是非一度お試しを!

ケムステ関連記事

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用
  2. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】
  3. 生理活性物質? 生物活性物質?
  4. グローブボックスあるある
  5. Pure science
  6. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~
  7. 日本化学会がプロモーションムービーをつくった:ATP交流会で初公…
  8. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフェニルサルファー : Bis[alpha,alpha-bis(trifluoromethyl)benzenemethanolato]diphenylsulfur
  2. 米メルク、シェリング・プラウを4兆円で買収
  3. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  4. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  5. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  6. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表
  7. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  8. 炭素をBNに置き換えると…
  9. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  10. 向山アルドール反応40周年記念シンポジウムに参加してきました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP