[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤

エーザイは22日、大衆薬のせき止め去たん剤「アストフィリンS」=写真=を発売したと発表した。同社が医療用医薬品で販売している「アストフィリン」の処方を基に、大衆薬として新たに開発した。希望小売価格は60錠入りが1344円、120錠入りで2394円。初年度は合計で15万本の販売を目指す。

 気管支を広げ、たんを出しやすくする成分として「ジプロフィリン」と「dl―塩酸メチルエフェドリン」を配合。せきの発生に関連する中枢神経に作用する「ノスカピン」も含む。アレルギー性のぜんそくや、せきを鎮める成分も配合した。(引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  2. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  3. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  4. トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ…
  5. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  6. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  7. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  8. NEC、デスクトップパソコンのデータバックアップが可能な有機ラジ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 春の褒章2010-林民生教授紫綬褒章
  2. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)
  3. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する
  4. 最も引用された論文
  5. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolaou Macrolactonizaion
  6. 最長のヘリセンをつくった
  7. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction
  8. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  9. これならわかるNMR/二次元NMR
  10. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP