[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤

エーザイは22日、大衆薬のせき止め去たん剤「アストフィリンS」=写真=を発売したと発表した。同社が医療用医薬品で販売している「アストフィリン」の処方を基に、大衆薬として新たに開発した。希望小売価格は60錠入りが1344円、120錠入りで2394円。初年度は合計で15万本の販売を目指す。

 気管支を広げ、たんを出しやすくする成分として「ジプロフィリン」と「dl―塩酸メチルエフェドリン」を配合。せきの発生に関連する中枢神経に作用する「ノスカピン」も含む。アレルギー性のぜんそくや、せきを鎮める成分も配合した。(引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  2. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  3. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  4. 日本化学会と日本化学工業協会に新会長就任
  5. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  6. 肩こりにはラベンダーを
  7. <アスクル>無許可で危険物保管 消防法で義務づけ
  8. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  2. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  3. ステープルペプチド Stapled Peptide
  4. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement
  5. 企業の研究を通して感じたこと
  6. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  7. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  8. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  9. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法
  10. 触媒表面の化学反応をナノレベルでマッピング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

毒劇アップデート

毒物及び劇物指定令の一部を改正する政令(平成30年政令第197号。以下「改正政令」という。)及び毒物…

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP