[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤

[スポンサーリンク]

エーザイは22日、大衆薬のせき止め去たん剤「アストフィリンS」=写真=を発売したと発表した。同社が医療用医薬品で販売している「アストフィリン」の処方を基に、大衆薬として新たに開発した。希望小売価格は60錠入りが1344円、120錠入りで2394円。初年度は合計で15万本の販売を目指す。

 気管支を広げ、たんを出しやすくする成分として「ジプロフィリン」と「dl―塩酸メチルエフェドリン」を配合。せきの発生に関連する中枢神経に作用する「ノスカピン」も含む。アレルギー性のぜんそくや、せきを鎮める成分も配合した。(引用:日本経済新聞

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  2. 米メルク、シェリング・プラウを4兆円で買収
  3. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  4. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院
  5. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  6. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  7. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  8. ミドリムシが燃料を作る!? 石油由来の軽油を100%代替可能な次…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. as well asの使い方
  2. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  3. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜
  4. 米国版・歯痛の応急薬
  5. カスガマイシン (kasugamycin)
  6. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  7. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた
  8. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  9. マイルの寄付:東北地方太平洋沖地震
  10. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP