化学者のつぶやき日常から

  1. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

    たまには化学者のコーヒーブレイク的な話でも。昨年の有機合成化学協会の編集委員会で、阪大の安田先生との雑談からの話です。実験化学ではフラスコなどをはじめとしてガラス器具を多用しますが、ガラスなのでやはり割れます。「形あるものいつかは壊…

  2. 外国人研究者あるある

    多くの研究室では一人は必ずいる外国人研究者、優秀な研究者が多くとても重宝されています。そんな彼のある…

  3. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街

    年末ですね。スイスの学生のほとんどがクリスマス休暇を23日から、正月明けの2日まで取るので、研究室は…

  4. 気になるあの会社~東京エレクトロン~

    ケムステでは、民間企業についての記事をたくさん取り扱ってきました。今回は、ちょっと前に新聞に周期表の…

  5. 真空ポンプはなぜ壊れる?

    今回は研究現場の話題を取りあげてみます。有機合成化学の世界では、化合物の合成後に残る有機溶媒…

  6. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物

  7. 学会に行こう!高校生も研究発表できます

  8. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト

  9. ここまで来たか、科学技術

  10. アフリカの化学ってどうよ?

  11. グサリときた言葉

  12. カブトガニの血液が人類を救う

  13. ケムステイブニングミキサー2016を終えて

  14. トイレから学ぶ超撥水と超親水

  15. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~

  16. 2015年ケムステ人気記事ランキング

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent
  2. ノビリシチンA Nobilisitine A
  3. ホットキーでクールにChemDrawを使いこなそう!
  4. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  5. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  6. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授
  7. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP