化学者のつぶやき日常から

  1. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた

    今月はセンター試験がありましたね。大雪の影響などを受けた受験生もいるかもしれません。実は筆者、学部生時代は予備校で採点のアルバイトをしていたので、受験化学には比較的自信がありました。受験生時代にはセンター問題であれば大体10分くらい…

  2. 就職か進学かの分かれ道

    2017年も始まりましたね。現在1月、もうすぐ3月。そうです、就職活動の時期がやってきます。…

  3. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

    たまには化学者のコーヒーブレイク的な話でも。昨年の有機合成化学協会の編集委員会で、阪大の安田先生との…

  4. 外国人研究者あるある

    多くの研究室では一人は必ずいる外国人研究者、優秀な研究者が多くとても重宝されています。そんな彼のある…

  5. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街

    年末ですね。スイスの学生のほとんどがクリスマス休暇を23日から、正月明けの2日まで取るので、研究室は…

  6. 気になるあの会社~東京エレクトロン~

  7. 真空ポンプはなぜ壊れる?

  8. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物

  9. 学会に行こう!高校生も研究発表できます

  10. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト

  11. ここまで来たか、科学技術

  12. アフリカの化学ってどうよ?

  13. グサリときた言葉

  14. カブトガニの血液が人類を救う

  15. ケムステイブニングミキサー2016を終えて

  16. トイレから学ぶ超撥水と超親水

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  2. 112番元素が正式に周期表の仲間入り
  3. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  4. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用
  5. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  6. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する
  7. 「ELEMENT GIRLS 元素周期 ~聴いて萌えちゃう化学の基本~」+その他

注目情報

最新記事

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

PAGE TOP