[スポンサーリンク]

chemglossary

研究のための取引用語

[スポンサーリンク]

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知っておくと便利な取引・ファイナンス用語をまとめた。

基礎取引編

個人が一般的なお店で物を購入する場合には、現金やクレジットカード、電子マネーで支払い、購入したものを持ち帰るだろう。しかし、大学で企業で必要な物品を購入する場合には、現金で購入することはほぼなく、購入手続きを踏んで発注し、後日業者が納入してくるのが普通である。その過程で下記のような用語が使われる。

見積書(Quotation):物を購入する際には価格が重要である。その価格を知るためにサプライヤーに作成を依頼する書類である。一般的に、見積書には商品の詳細、価格、納期、支払い条件荷造運賃、納入場所、有効期限、連絡先が書かれている。

  • 有効期限:見積書には有効期限があり、その期日までに注文すればその価格を保証できるという意味である。通常は、数か月くらいあるが、限定商品などはこの期限が短く設定される。
  • 荷造運賃:荷造りや配送料は、価格に含まれているか否かを示されている。海外から輸入する場合は、少し複雑になる(後に詳述する)。
  • 支払い条件:いつどのような方法で代金を支払えばいいかということで、支払い方法は銀行振込が一般的である。

見積書の例

購入する側にとってみれば見積書の作成依頼は物品を購入する最初のステップであり、高額な買い物の場合、複数の会社から見積書をもらって比較することもある。売る側からすれば、見積書の作成依頼はカスタマーからの購入の意思表示であり、商談が進んでいることのヒントである。一方で、見積書で他社と比較されるので見積書の作成は営業部門の腕の見せどころである。

化学品の取引の場合には数量によって価格が大きく変わることが特徴である。その理由の一つは、数量が多くなると効率がより良い運送方法がとれるからである。

支払い条件:いつ代金を支払うかは、下記のような独特言い回しで定義される。

  1. 月末締翌月末払:月末までに請求された代金を次の月の末に払う
  2. 月末締翌々月末払:月末までに請求された代金を次の次の月の末に払う
  3. 月末締め翌月末起算90日期日手形支払:約束手形を購入側が発行し90日後にそれを現金と交換する。約束手形は一定の期日に一定の金額を支払うことを約束する有価証券のことで、支払期日に支払う現金がないと手形不渡りとなり、会社の信用が落ち、倒産に陥る場合もある。

人生ゲームの約束手形:人生ゲーム中のルールと実社会の約束手形では使い方が異なる。

基本的に、会社や大学のルールに合った支払い条件でなければ物品の代金を支払うことはできないので、新規の業者を使う場合にはチェックが必要である。売る側としてみれば、早く代金を回収できた方がよいので、1を選択するカスタマーは喜ばれる。しかし、カスタマー次第で2や3の場合もある。

海外とのやり取りでは、NetXX(例えば30)といったような表記をされる。これは、商品が届いてから30日以内に支払いをするという意味である。

注文書(Purchase Order):物品を購入する側が購入する意思を示す書類である。見積書同様、どの商品をどの価格で購入するかを明記している。不正を防ぐため注文書は、購買部といった別の部門が作成するかマネジメントの承認が必要なことが多い。高額な物品ほど重要な注文書だが、少額の場合は手間を省くために簡略化している場合もある。多くの大学の場合、試薬などの50万円以下の物品購入関しては教員が発注でき、それ以上の場合には事務部門が注文書を作成し発注する。

発注書(注文書)の例

速く納品できるように注文書の提出前に手配をしてくれる業者もいるが、後にトラブルになることもあるので、既定の手順を踏むことは重要である。

検収:言葉の意味は、送り届けられた品を、数量・種類などを点検して受け取ることである。試薬や器具の場合には、業者が物品を持ってきたときに納品=検収となる。しかし、分析機器を購入した場合には、納品されても機械を動かしてみないと使えるかどうかわからない。そのため、納品後テストを行ってから検収を行い請求書を発行してもらうという流れになる。法律的には、検収をすると代金を支払う義務が発生し、不具合を理由に返品することはできなくなる。また代金を支払わないと損害賠償を求められる。大学の場合、検収所に業者が立ち寄って、事務方が納品書に記載されている物品と実物が正しいことを確認して検収となる。

輸入編

物品を海外から購入する場合、輸送の取り扱いにひと手間かかる。関税の支払いと荷物の責任によって

  1. DAT(ターミナル持込渡し)/Delivery at Terminal
  2. DAP(仕向地持込渡し)/Delivery at Place
  3. DDP(関税込み持込渡し)/Delivery Duty Paid

貿易取引の規則で規定されている。1と2は、物品の業者=輸出者の責任が目的地の港や空港に到着した時点までなので、関税の支払いから国内の運送方法までを購入者=輸入者が行わなければいけない。多くの場合、港に着いた時点で通関をアレンジしている会社から電話がかかってきてどうするかを聞かれる。3の場合には、FedexDHLなどの国際貨物が荷物を届けてくれる場合が多いが、通関を通す責任は輸入者にあるので、特化物や毒劇といった試薬を輸入する場合には、輸入側による書類の提出が必要になる。

費用・危険負担のルール(引用:パソナ

会計編

企業では年間で予算が決まっているため、予算管理は重要である。年始になると「今年のOPEXはXXX円でCAPEXはXXX円だから出張は控えるが、新しい分析機器の購入を検討しよう。」などと話すことがある。

OPEX:Operating Expenseのことで業務費や運営費などをしめす。研究開発では、試薬、器具、出張費などはOPEXから捻出される。
CAPEX:Capital expenditureのことで対価として資本とみなされる物品・財を得ることや、それらの資産価値を維持するための支出の総称で、設備投資に近い意味である。30万円以上の機器は減価償却資産となり、耐用年数に応じて費用を分割して申告し税金を払うルールになっている。

研究する立場で見れば、OPEXが残っているからほしい機器を買ってしまえばいいじゃないかと思うことがあるが、たくさん設備を購入すると翌年以降に引きずるため、バランスのとれた予算配分をマネジメントが考えていると理解している。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, R…
  2. アゾ化合物シストランス光異性化
  3. 【金はなぜ金色なの?】 相対論効果 Relativistic E…
  4. 深共晶溶媒 Deep Eutectic Solvent
  5. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide…
  6. 二光子吸収 two photon absorption
  7. 徹底比較 特許と論文の違い ~明細書、審査編~
  8. 超臨界流体 Supercritical Fluid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】
  2. NeoCube 「ネオキューブ」
  3. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成
  4. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜
  5. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  6. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  7. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis
  8. SelectfluorR
  9. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  10. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

連続アズレン含有グラフェンナノリボンの精密合成

第280回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院薬学研究科(高須研究室)・小川直希さんにお願いし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP