[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ブレビコミン /Brevicomin

 

ブレビコミン(brevicomin)は、森林の樹木につく害虫(キクイムシ)から分泌される集合フェロモンである。

  • 用途・歴史

 

 

  • 合成法

1. エポキシドからの酸環化による合成[1]

 

brevicomin2.gif?

 

 

  • 関連文献
[1] Bellas, T. E.; Brownlee, E. G.; Silverstrein,?R. M. Tetrahedron ?25, 5149.

 

  • 関連リンク

フェロモンの話 (有機化学美術館)

フェロモン – Wikipedia

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,…
  2. 酒石酸/Tartaric acid
  3. カルボプラチン /carboplatin
  4. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  5. シラン Silane
  6. マラカイトグリーン /Malachite Green
  7. ポリ乳酸 Polylactic Acid
  8. カフェイン caffeine

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 活性が大幅に向上したアンモニア合成触媒について
  2. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  3. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation
  4. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!
  5. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  6. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  7. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  8. ケミカル・アリに死刑判決
  9. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ
  10. Imaging MS イメージングマス

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP