[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ブレビコミン /Brevicomin

[スポンサーリンク]

 

ブレビコミン(brevicomin)は、森林の樹木につく害虫(キクイムシ)から分泌される集合フェロモンである。

  • 用途・歴史

 

 

  • 合成法

1. エポキシドからの酸環化による合成[1]

 

brevicomin2.gif?

 

 

  • 関連文献
[1] Bellas, T. E.; Brownlee, E. G.; Silverstrein,?R. M. Tetrahedron ?25, 5149.

 

  • 関連リンク

フェロモンの話 (有機化学美術館)

フェロモン – Wikipedia

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. チアミン (thiamin)
  2. プロリン ぷろりん proline
  3. シクロクラビン cycloclavine
  4. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)
  5. マツタケオール mushroom alcohol
  6. フタロシアニン phthalocyanine
  7. デルフチバクチン (delftibactin)
  8. ヘキサン (hexane)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  2. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~初級編~
  3. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  4. 村井 眞二 Shinji Murai
  5. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxidation
  6. 2017年10大化学ニュース
  7. 多摩霊園
  8. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  9. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)
  10. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP