[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ブレビコミン /Brevicomin

 

ブレビコミン(brevicomin)は、森林の樹木につく害虫(キクイムシ)から分泌される集合フェロモンである。

  • 用途・歴史

 

 

  • 合成法

1. エポキシドからの酸環化による合成[1]

 

brevicomin2.gif?

 

 

  • 関連文献
[1] Bellas, T. E.; Brownlee, E. G.; Silverstrein,?R. M. Tetrahedron ?25, 5149.

 

  • 関連リンク

フェロモンの話 (有機化学美術館)

フェロモン – Wikipedia

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フルオキセチン(プロザック) / Fluoxetine (Pro…
  2. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)
  3. バトラコトキシン (batrachotoxin)
  4. トリメチルアルミニウム trimethylalminum
  5. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  6. カリオフィレン /caryophyllene
  7. A-ファクター A-factor
  8. ミノキシジル /Minoxidil

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  2. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応
  3. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction
  4. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  5. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  6. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  7. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide
  8. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  9. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  10. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

PAGE TOP