[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

[スポンサーリンク]

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学研究所の第139回分子科学フォーラム「どこが特別!?ペロブスカイト太陽電池の性能と社会実装の可能性とは?」を聴講してきました。この記事では会の模様を簡単に振り返ってみたいと思います。

演題と概要は以下の通りです。

 

演者: 宮坂 力 特任教授(桐蔭横浜大学)

題目: どこが特別!?ペロブスカイト太陽電池の性能と社会実装の可能性とは?

場所: オンライン(Youtubeライブ)

主催: 自然科学研究機構 分子科学研究所

共催: 公益財団法人 豊田理化学研究所

日時: 2024年7月03日(水) 18:00 より 19:30

詳細:シリコン結晶太陽電池の最高効率に届いたペロブスカイト太陽電池の特徴と製造技術、そして産業実装に向けた軽量フレキシブルなモジュールの開発を紹介し、これまでの太陽電池とどこが違い、どこが優れているのか、どのような使い方が可能になるのかを解説します。

https://www.ims.ac.jp/research/seminar/2024/03/22_6240.html

アーカイブ配信:

 

※録画・録音はご遠慮ください。

 

宮坂先生は 2009年のJACS誌の被引用数が約2万、2012年のScience誌が約1.1万と、一般にノーベル賞級の水準とされる数千をはるかにしのいでいるほか、2009年にGHC(グリーンサステナブルケミストリー)文部科学大臣賞、2017年に日本化学会賞、2019年に応用物理学会業績賞、2020年に山崎貞一賞、市村学術賞(功績賞)、2021年は英国ランク財団 光エレクトロニクス部門、2024年には朝日賞を受賞されるなど、数々の錚々たる褒章を総なめされています。

 

ご存じの通り、ペロブスカイトとは、ABX3(A:カチオン、B:Pb(II)・Sn(II)などの2価の金属、X:ヨウ素などのハロゲン化物イオン)型の複塩における八面体型の結晶構造を指します。Xに酸化物の代わりにハロゲン化物を用いることで極性溶媒への溶解性を向上させることができ、スピンコートにより溶液を塗布することで常温で容易に製膜・自己組織化させられるほか、AにはCH3NH3+やHC(NH2)2+などの有機塩基を導入することも可能で、吸収波長のチューニングも可能です。

 

ペロブスカイト太陽電池の発見についてのお話として、宮坂先生が設立された、Peccellという色素増感太陽電池を主に研究していた会社に所属していた学生が発端であったこと、既に結晶シリコン太陽電池に迫る26%台の光電変換効率が達成されていること、透明性の高い製品を作ることができ、ガラス窓など建材としても利用可能であること、出力電圧が高く熱損失が極めて小さいこと、カリウムイオンをドープすることで結晶粒界を減らすことができ、効率が向上することなど、非常に印象に残りました。

 

また、ペロブスカイト太陽電池は現在、すでに理論限界ぎりぎりまで性能が向上していますが、さらなる結晶粒界のパッシベーションにカフェインが使われること、オール無機ペロブスカイトでも効率を維持でき、耐熱性も向上できること、軽量・フレキシブルで屋内光での効率が高いためにウェアラブルデバイスへの応用が期待できることなど、太陽光発電の概念を一新するブレイクスルーであることが強く実感できました。

 

さらに、成膜に必要な印刷技術や世界的には希少な資源である要素の埋蔵量など、この分野で日本は高い優位性を誇っており、非常に高いポテンシャルのある産業であることなども力説されており、非常に夢の感じられるおはなしでした。

 

民間企業に就職して以来このような最先端の研究に触れる機会がめっきり減ってしまっていたので、今回の講演会は非常に刺激的で新鮮で、あっという間の90分でした。最後になりましたが、講演をセッティングしてくださった分子科学研究所の関係者各位、そして、長きにわたりご講演くださった宮坂先生に心よりお礼申し上げます。今後の研究の進展も楽しみにしています。

gaming voltammetry

berg

投稿者の記事一覧

化学メーカー勤務。学生時代は有機をかじってました⌬
電気化学、表面処理、エレクトロニクスなど、勉強しながら執筆していく予定です

関連記事

  1. 社会人7年目、先端技術に携わる若き研究者の転職を、 ビジョンマッ…
  2. 新しい2-エキソメチレン型擬複合糖質を開発 ~触媒的な合成法確立…
  3. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解…
  4. Z-選択的オレフィンメタセシス
  5. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編
  6. マイクロ波によるケミカルリサイクル 〜PlaWave®︎の開発動…
  7. 図に最適なフォントは何か?
  8. JCRファーマとはどんな会社?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 理系の海外大学院・研究留学記
  2. 発想の逆転で糖鎖合成
  3. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  4. ヒュッケル法(後編)~Excelでフラーレンの電子構造を予測してみた!~
  5. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②
  6. 最長のヘリセンをつくった
  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)
  8. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表
  9. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成
  10. 化学系ラボでSlackを使ってみた

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP