[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき日常から

  1. メールのスマートな送り方

    E-mail(以下メールと略)を使ったコミニケーションは、会社でも大学でも日常茶飯事になっています。手軽に多くの情報をやり取りできる一方、使い方を間違えると重大なミスや人間関係が崩れることが起きます。そのためスマートなメールの送り方について…

  2. 電子ノートか紙のノートか

    読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

  3. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛

    みなさんこんにちは。通りすがりのアラサー科学者です。突然ですが、私、メンタルの調子を崩しまし…

  4. バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

    Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

  5. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた

    2017年の日本化学会春の年会が慶応義塾大学で開催されていたそのとき、筆者は京都女子大学で開催されて…

  6. 尿はハチ刺されに効くか 学研シリーズの回顧

  7. 海外のインターンに参加してみよう

  8. 香料:香りの化学3

  9. 元素紀行

  10. ケムステイブニングミキサー2017ー報告

  11. 元素名と中国語

  12. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた

  13. 就職か進学かの分かれ道

  14. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

  15. 外国人研究者あるある

  16. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  2. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  3. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  4. 化学と工業
  5. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  6. ホウ素と窒素で何を運ぶ?
  7. “アルデヒドを移し替える”新しいオレフィン合成法

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

PAGE TOP