[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法

内容

分子ミクロ・シミュレーション法の必要最小限の重要な理論面の理解とともに、例題プログラムを用いて実際に自分でシミュレーションを実行し理解していく、実践型教科書。

対象

学部生以上

 

評価・解説

立体選択性・反応機構を議論したりするうえで、分子シミュレーションは近年避けられないツールのひとつとなっています。本書は分子シミュレーション計算の基礎から計算方法まで詳しく解説されています。付属CDを活用すれば、コンパイル法や実行ファイルの作り方も学べる実践的なつくりになっています。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. なぜあなたは論文が書けないのか
  2. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  3. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  4. Semiconductor Photocatalysis: Pr…
  5. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  6. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際ま…
  7. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申…
  8. Density Functional Theory in Qua…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  2. 2011年人気記事ランキング
  3. ナノチューブを引き裂け! ~物理的な意味で~
  4. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  5. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  6. 下村 脩 Osamu Shimomura
  7. comparing with (to)の使い方
  8. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  9. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  10. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP