世界の化学者データベース医薬化学

  1. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura

    松村 保広(まつむら やすひろ, 1955年1月20日-)は、日本の医学者・薬学者である。国立がん研究センター 先端医療開発センター 新薬開発分野 分野長。(写真:国立がん研究センター) (さらに…)…

  2. 前田 浩 Hiro Maeda

    前田 浩(まえだ ひろ, 1938年xx月xx日(兵庫県生)-)は、日本の医学者・薬学者である。崇城…

  3. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann

    ヘルベルト・ワルトマン (Herbert Waldmann, 1957年6月11日-)は、ドイツの化…

  4. ウィリアム・キャンベル William C. Campbell

    ウィリアム・C・キャンベル (William C. Campbell、1930年6月30日(ラメルト…

  5. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

    概要木曽良明 (きそ よしあき、1945年12月10日-)は、日本の有機化学者である。長浜バイオ…

  6. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  7. 菅裕明 Hiroaki Suga

  8. 平尾一郎 Ichiro Hirao

  9. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

  10. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz

  11. カール・ジェラッシ Carl Djerassi

  12. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda

  13. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles

  14. 長井長義 Nagayoshi Nagai

  15. ポール・ウェンダー Paul A. Wender

  16. 遠藤章 Akira Endo

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 結晶世界のウェイトリフティング
  2. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される
  3. ベンジャミン・リスト Benjamin List
  4. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  5. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation
  6. 大村 智 Satoshi Omura
  7. Reaxys Prize 2010発表!

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP