世界の化学者データベース医薬化学

  1. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

    ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者である。南フロリダ大学 准教授。 (さらに…)…

  2. エリック・メガース Eric Meggers

    エリック・メガース (Eric Meggers、19xx年x月x日-)は、ドイツの有機化学者である。…

  3. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

    クレイグ・マーティン・クルーズ (Craig Martin Crews、1964年6月1日(ニューポ…

  4. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

    アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、19xx年x月x日-)は、カナダの有機化…

  5. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

    フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペイン…

  6. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura

  7. 前田 浩 Hiro Maeda

  8. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann

  9. ウィリアム・キャンベル William C. Campbell

  10. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  11. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  12. 菅裕明 Hiroaki Suga

  13. 平尾一郎 Ichiro Hirao

  14. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

  15. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz

  16. カール・ジェラッシ Carl Djerassi

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. Nazarov環化を利用した全合成研究
  2. 細胞の中を旅する小分子|第一回
  3. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  4. ヘキサメチレンテトラミン
  5. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に
  6. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration
  7. Pubmed, ACS検索

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

PAGE TOP