ケムステニュース化学

  1. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」

    「正当性の無い商品テスト結果」「容認できる範囲を逸脱した暴挙」――。国民生活センターが2016年12月に公表した「水素水」に関する調査報告書に対し、複数の水素水メーカーが「納得できない」と怒りの声を上げた。 (引用:JCASTニュース2月1…

  2. 2016年化学10大ニュース

    2106年も残りわずか。今年も様々な出来事がありました。4月に起きた熊本地震は今年の最も大き…

  3. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

    (CNN) 自転車を盗もうとする相手に化学物質を浴びせ、吐き気を催させて撃退するという製品を米国の起…

  4. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

    2016年8月10日、米国化学会(ACS)は、プレプリントサーバー“ChemRxiv”を構築する意向…

  5. 2012年10大化学ニュース【前編】

    今年もあと1日で終わり。皆さん既に忘年会も終わりのんびりしていることと思います。…

  6. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

  7. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る

  8. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益

  9. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に

  10. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く

  11. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

  12. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表

  13. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

  14. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ

  15. 米デュポン株、来年急上昇する可能性

  16. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  2. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  3. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  4. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  5. ヒバリマイシノンの全合成
  6. 含ケイ素四員環 -その1-
  7. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

注目情報

最新記事

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

PAGE TOP