[スポンサーリンク]

G

グレーサー反応 Glaser Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

銅アセチリドの酸化的ホモカップリングによりジインを与える反応。

古典的反応条件では銅アセチリドを酸素処理することで行うが、後に各種変法が開発された。

特に有名なのは過剰量のCu(OAc)2を使い、ピリジン溶媒で反応させるEglinton変法、触媒量のCuCl-TMEDAを用いて酸素雰囲気下で行うHay変法の二つ。

 

基本文献

 

反応機構

yne-yn10.gif

反応例

glaser_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Nicolaou, K. C.; Petasis, N. A. et al. J. Am. Chem. Soc. 1982, 104, 5555, 5557, 5558, 5560.

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…
  2. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…
  3. MSH試薬 MSH reagent
  4. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefinatio…
  5. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene …
  6. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  7. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromati…
  8. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  2. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  3. 進化する電子顕微鏡(TEM)
  4. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  5. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  6. 中村 修二 Shuji Nakamura
  7. スポンジシリーズがアップデートされました。
  8. インドの化学ってどうよ
  9. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  10. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP