[スポンサーリンク]

G

グレーサー反応 Glaser Reaction

 

概要

銅アセチリドの酸化的ホモカップリングによりジインを与える反応。

古典的反応条件では銅アセチリドを酸素処理することで行うが、後に各種変法が開発された。

特に有名なのは過剰量のCu(OAc)2を使い、ピリジン溶媒で反応させるEglinton変法、触媒量のCuCl-TMEDAを用いて酸素雰囲気下で行うHay変法の二つ。

 

基本文献

 

反応機構

yne-yn10.gif

反応例

glaser_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Nicolaou, K. C.; Petasis, N. A. et al. J. Am. Chem. Soc. 1982, 104, 5555, 5557, 5558, 5560.

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis…
  2. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  3. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  4. ステッター反応 Stetter reaction
  5. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical O…
  6. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asy…
  7. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation C…
  8. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  2. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】
  3. カチオン重合 Cationic Polymerization
  4. BASFとはどんな会社?-2
  5. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門~
  6. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  7. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  8. 立春の卵
  9. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio
  10. 花粉症対策の基礎知識

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP