医薬品

  1. 「温故知新」で医薬品開発

    創薬コストの高騰を受け、既存の承認薬や開発が途中で中止になった化合物を対象に、新たな適応疾患を探し出して製品化する「ドラッグ・リポジショニング」と呼ばれる取り組みが盛んになっている。タイトルおよび画像はネイチャー・パブリッシング・グ…

  2. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新

     小林製薬は訪日外国人に人気がある医薬品を拡充する。4月に消炎鎮痛剤「アンメルツ」でシリーズ最高級品…

  3. Innovative Drug Synthesis

    内容This book covers all aspects of th…

  4. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止

     米イーライリリーは、脂質異常症治療薬として開発してきたCETP(コレステロールエステル転送たん白)…

  5. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物化学研究へ

     スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2015年のノーベル医学・生理学賞を、微生物が作り出す有用…

  6. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続

  7. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?

  8. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進

  9. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤

  10. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジアゾメタン原料
  2. アスピリン あすぴりん aspirin 
  3. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製
  4. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定
  5. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  6. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  7. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke

注目情報

最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

PAGE TOP