医薬品

  1. 「温故知新」で医薬品開発

    創薬コストの高騰を受け、既存の承認薬や開発が途中で中止になった化合物を対象に、新たな適応疾患を探し出して製品化する「ドラッグ・リポジショニング」と呼ばれる取り組みが盛んになっている。タイトルおよび画像はネイチャー・パブリッシング・グ…

  2. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新

     小林製薬は訪日外国人に人気がある医薬品を拡充する。4月に消炎鎮痛剤「アンメルツ」でシリーズ最高級品…

  3. Innovative Drug Synthesis

    内容This book covers all aspects of th…

  4. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止

     米イーライリリーは、脂質異常症治療薬として開発してきたCETP(コレステロールエステル転送たん白)…

  5. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物化学研究へ

     スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2015年のノーベル医学・生理学賞を、微生物が作り出す有用…

  6. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続

  7. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?

  8. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進

  9. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤

  10. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  2. 反芳香族化合物を積層させ三次元的な芳香族性を発現
  3. 化学 美しい原理と恵み (サイエンス・パレット)
  4. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  5. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  6. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)

注目情報

最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

PAGE TOP